2018年08月27日

No 4758   【ステキに生きたほうがいい】

IMG_1909.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【ステキに生きたほうがいい】

斎藤一人さんの心に響く言葉より…



バチカンって何も売ってないんだよ。
キリストが死んでから2000年たつ。
それでも、世界中から人がくるんだよ。
それって、なんでですか?…って言ったとき、キリストの言ったことがステキだったんだよ。

だから、人間、ステキに生きたほうがいいんだよ。
それで、誰だって、ステキに生きられるんだよ。
ステキとは、言っていることに「愛と光」があればいいの。

わかるかい?
リストラされてな、辞めるということが決まったら、辞めるしかないんだよ。
だけど、そのときに、仲間の悪口も言えるんだよ。
社長の悪口も言える。
でも、「お世話になりました」も言えるんだよな。
「みんな、仲良くしてくれてありがとね」とか。
「近所にきたら、遊びにくるからね」とか。

ところで、自分の言っいること、ステキですか?って。
うらみごとを言うほうが、いいんですか?って。
人があなたのためを思って、一冊の本を紹介してくれた、そのとき、
「オレ、本、読まない人なんだ」って言うのと、「オレ、本、読まないけど、社長が言ってくれるんだから、オレ、読むよ」って。

どっちのほうがステキですか?
何かあったときに、あなたの言っていること、ステキですか?って。

いつも本出しても読まない人が、「悪かったよ」って、
「オレに、本読めって言ってくれるの、あなただけだから、読んでみるよ」って言ったとき、「こいつ、違うぞ」と思うもんな。
わかるかい?
人間って、もっともっと、ステキになれるんだよ。
ステキになれば、人生、変わるんだよ。

『知らないと損する不思議な話 (PHP文庫)』PHP研究所

39623893_1861630593917234_6268994742676094976_n.jpg



ステキな人は、いつも笑顔で、言葉に愛がある。
それが、「和顔愛語(わげんあいご)」。
「和顔愛語」とは、『大無量寿経』というお経の中にある言葉。
和顔とは、和(なご)やかな笑顔。
愛語とは、思いやりある愛のある言葉。

そして、「和顔愛語」のあとには、「先意承問(せんいじょうもん)」という言葉が続く。
「先意承問」とは、相手の気持ちを先に察(さっ)して、それを満たしてやるということ。
相手のために何ができるかを常に考えること。

ステキな人は、いつも「カッコイイ」。
カッコイイ人は、「余裕がある」「自律している」「人のせいにしない」「仕事が好き」「人のために動く」「ユーモアがある」「愚痴や悪口、不平不満を言わない」そして、「和顔愛語」がある。

ステキに生きる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 05:58| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年08月26日

No 4757  最新ぶろぐ更新情報!

CIMG0036.JPG

CIMG0181.JPG

IMG_1903.jpg


最新ぶろぐ更新情報です!
毎日のおいちゃんのお気に入りぶろぐ「人のこころに灯をともす」からの転載をはじめ
日記代わりに ボケ防止に ははは! ぶろぐを更新しております

本当は月に1回くらいは最新情報に更新しないといけないのですが、、、

今回はたっぷりと情報がありますので
時間あるときにでも 覗いてくださいませ

こころ穏やかに  こころ豊かに
    合掌    ひで坊  拝


No 4752  軽自動車? 普通乗用車?
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461278166.html

No 4750  久しぶりの Off  ゴルフ!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461268862.html

No 4743  セミナー参加 全開モード!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461176999.html

No 4741   卒業!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461165763.html

No 4738  名曲の夕べ 2018
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461122833.html

No 4736   大感謝! スタッフに  患者様に おふくろに
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461098927.html

No 4732  お盆に思う 2018
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461067397.html

No 4729  慶祝! お祝いの連鎖反応! 運気上昇!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461034717.html

No 4723  熱中症対策 冷房病 対策!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460921166.html

No4717   真夏の護摩行!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460820411.html

No 4705  鶴丸同窓会
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460636887.html

No4700  祝4700回 達成!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460577742.html

No 4676   盛和塾 6月例会
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460272514.html

No4669   憩酒家たっちゃん
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460142422.html

No 4665   大迫  半端ないって!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460099556.html

No 4660   鹿児島 久しぶりの どか灰  4700m
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460019225.html

No 4656   稲盛式経営コンパ
http://mouri-dc.seesaa.net/article/459964242.html

No 4652  ぶろぐ最新更新情報!
http://mouri-dc.seesaa.net/article/459918053.html


☆3か月という長い期間でしたので 
「人のこころに灯をともす」から おいちゃんの個人的なおすすめを
ピックアップ Best10!

No 4755  【楽観的と悲観的のいいとこ取り】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461285697.html

No 4747  【なにかと攻撃的な人に対しては】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461235068.html

No4735   【受け容れるということ】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461098881.html

No4731   【めちゃくちゃツイてる人】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/461067323.html

No4727  【イライラさせる人はいない】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460999884.html

No4719  【誰もが人に影響を与えている】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460861904.html

No4711  【「人にどう思われるか」が一番大切】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460733814.html

No4690  【代替案を出さない人は嫌われる】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460424283.html

No4689  【運は心の持ちよう】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460414611.html

No 4681  【人生とは自分自身が主役を演ずるドラマ】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460294174.html

No 4672  【ハーフタイム力】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460192947.html

No4668  【どうすれば人は動くのか】
http://mouri-dc.seesaa.net/article/460142006.html


IMG_1900.jpg


IMG_20180629_0001.jpg

IMG_1701.jpg

IMG_1698.jpg
posted by Dr.モーリィー at 20:32| ライフワーク | 更新情報をチェックする

No 4756   【やってみなければ、その先がどうなるかはわからない】

IMG_1908.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【やってみなければ、その先がどうなるかはわからない】

渡部昇一氏の心に響く言葉より…




わたしは人から「どういう選択をしたらいいと思いますか?」とアドバイスを求められることがときどきあります。
しかし、相談されても正しい答えが何なのか、わたしにはわかりません。
だから、「よく考えて、断固、自分の信ずる道に行くよりしかたがないでしょう」と答えます。
結果として、その選択がうまくいくかどうかは本人次第です。

エマソンのいうとおり、本当のことは自分以外にはわからないのです。
そして、自分でも、本当に何ができるかはやってみるまでわからないのです。

難しい言葉ですが、「鉄案(てつあん)」という漢語があります。
「確固たる意見」という意味ですが、これこそ、植民地時代から発展してきたすべてのアメリカ人のモットーであったと思います。
先行きが何も予測できないような状況にあっては、自らの信じるところに基づいて断固として進んでいくしかないのです。

それはエマソンを読んだ明治の人たちも同じように感じたはずです。
明治をつくった維新の志士たちは、大体が下級武士の家の出身です。
彼らには幕藩体制の中、「このままいても、一生、足軽みたいなものだ」という気持ちがあったに違いありません。
だから討幕をめざしたという動機も、少なからずあったように思います。

一方で、討幕といっても、自分の仕える殿様を鉢植のごとく転封できる将軍家というものがどういうものなのか、想像もつかなったはずです。
ましてや、その将軍家を倒すとなると、まったく見当のつかないことだったに違いありません。
とにかくやってみなければ、その先がどうなるかはわからなかったのです。
思い切ってやってみたら結果としてうまくいった、というのが実際だったのではないでしょうか。
そう考えると、「わからないことでも勇気を出してやってみる」というところには、人生の転機があるといってもいいのではないかと思うのです。

『エマソン 運命を味方にする人生論』致知出版社

39751542_1861594737254153_7136629723320287232_n.jpg


変化が激しくて、先が予測できない時代は、考えずにとにかくやってみるしか、他に方法がない。
現代はその激しい変化の時だが、経済学者や専門家でさえ、一瞬先がどうなるかはわからない。
必死に考えたところで、誰も予想がつかないのだ。

サントリ―創業者鳥井信治郎氏は、「やってみなはれ。やらなわからしまへんで」という名言を残している。
鉄案という、自分の確固たる考えが決まったら、あまり深く考えずにやってみる。
新しいことや知らないことをやってみるには、「エイヤ」という勇気が必要だ。
あれこれ考えたら、勇気はでてこない。

ただし、勇気と無謀とは違う。
勇気とは、誰もが恐れるようなことに対し、理性を持ち、肚を決めて行動すること。
覚悟を決めなければ勇気はでてこない。
無謀とは蛮勇(ばんゆう)ともいうが、後先考えずに、自分の正義感や価値観だけで行動してしまうこと。

何事も、やってみなければわからない
posted by Dr.モーリィー at 17:24| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4755   【楽観的と悲観的のいいとこ取り】

IMG_1907.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【楽観的と悲観的のいいとこ取り】

明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…



柔道で五輪金メダル三連覇をなしとげた柔道の野村忠宏さんと対談をしたことがあります。
彼は一般の印象とは違って、自分は心配性でひじょうに気が小さいところがありますと話されていました。
「もう悪いことばかり考えてしまう」と言っていました。
世界一の実力者なのに、そんなことを考えてしまうとは意外です。
そして心配性だからいろいろなパターンをシミュレーションして考えるそうです。
考えて、考えて、相手がこう来たらこうする、こうなったらこうやる…とさんざん考え、「最終的に自分が一番強い」「自分が一番金メダルが似合う」というところまで考えて、畳の上に立つと言っていました。

野村さんのように「心配性なので、こういう準備をしています」という人の中には成功している人がけっこういます。
だから、気が大きくて豪快に笑っていて、いつもポジティブで「まあ、ええわ」と言っている人が成功するとは限りません。
こういう人間がおちいる落とし穴もけっこうあるのです。
ポジティブさだけが「運」をコントロールする方法だととは思わないことです。
気分的には楽観的でいながら、実際の作業においては深慮遠謀というか、準備をぬかりなく行う。
いわば悲観的、楽観的のいいとこ取りのポジションを身につけていくと、わりと「運」がつかめると思います。

逆に言うと、気分は悲観的で「ああ、大丈夫。絶対受かる」と言っていて、何も準備しないで失敗する人も山ほどいます。
私は数々の人間の受験勉強の面倒を見てきた結果、楽観的すぎて失敗している人をいやというほど見てきました。
だから、よくいう「楽観的であれ」というアドバイスは無責任ではないかと思います。
私自身、楽観的で失敗していることが多いので、楽観的でありさえすれば「運」がついてくるというのは無責任なアドバイスだと、楽観的な私が思います。

本当を言うと、一番いいのは楽観的な人と悲観的(というか堅実)な人がコンビを組むことです。
たとえば本田技研をつくった本田宗一郎さんはつねに前へ前へと進む超楽観的な人でした。
自動車レースのF1やルマンに挑戦したり、つねに新しいことにチャレンジして一番になることをめざした人です。
その本田さんとコンビを組んだのが藤沢武夫さんです。
楽観主義者の本田さんに対して、藤沢さんはきちんとお金の計算をし、堅実な経営を行いました。
成功している人の陰には藤沢さんのような堅実な人がいるのです。
楽観+悲観(堅実)のコンビであれば、「運」をうまくコントロールして成功に導けます。

それを一人の人間の中でやりくりできればいいわけです。
楽観的なタイプの人は心配性な人がやるような分析をして準備することに力を注げばいいし、気持ちが落ち込みがちな悲観的な人は、気分をもっとおおらかにリラックスさせて、「まあ、ええわ、ええわ」と思うようにして、楽観と悲観をバランスよく混合させるといいのかなと思います。

『運の教科書: 「うまくいく人」はこう考える (単行本)』筑摩書房

IMG_1907.jpg


「楽観的に構想し、悲観的に計画し、楽観的に実行する」
稲盛和夫氏の言葉だ。

ビジョンは気宇壮大に、大風呂敷を広げるくらい、楽観的に考える。
しかしながら、計画するときは微に入り細に入り、神経質なくらいに問題点を探しだし、それに対応した計画を立てる。
そして、いざ実行するときには、おおらかにリラックスして「なんとかなるさ」というような気持ちで実行する。

何の準備や努力もせずに、「なんとかなるさ」と、ただ楽観的なだけの人は、単なるなまけものだ。
自滅の道をまっしぐらとなる。

楽観的と悲観的のいいとこ取りをする人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 08:27| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4754   【成功するために失敗の回数を増やす】

IMG_1906.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【成功するために失敗の回数を増やす】

ジェフ・ケラー氏の心に響く言葉より…



セントルイス・カージナルスのマーク・マグワイア選手が1998年に70本のホームランを打ったのは圧巻だった。
彼はそれだけエキサイティングな選手なのだ。
しかし、同じ年にマグワイアが155回も三振しているという事実を、あなたは知っているだろうか。
彼はそれまでの選手生活で457本のホームランを打っているが、1259回も三振している。
つまり、彼の場合、三振の数はホームランのほぼ3倍に相当するというわけだ。

史上最高のバスケットボール選手の名前を挙げるとすれば、あなたは誰を思い浮かべるだろうか。
おそらく多くの人がすぐにマイケル・ジョーダンの名前を挙げるはずだ。
私もそうだ。
では、こんな統計を紹介しよう。
マイケル・ジョーダンの生涯得点率は5割、言い換えれば、彼がプロとして放ったシュートの半分は、「失敗」に終わったことになるのだ。

もちろん、この法則はスポーツだけにあてはまるわけではない。
芸能界のスターやマスコミに登場するパーソナリティも失敗と無縁ではないことは周知のとおりである。
多くの役者は10年も15年も下積みの生活を経験し、何百回も断られた末にようやく役をもらい、活躍の糸口を見つける。
しかも、ある程度の成功を収めたあとでも、時おり失敗作を経験する。

これらの人たちは、成功とは大部分が粘り強さの問題であることを認識している。
つまり、挑戦を続け、自分の能力を開発し続け、途中で軌道修正を続ければ、成功するのである。

ベストセラー『ガルシアへの手紙』の著者、エルバート・ハバードはこう言っている。
「人間が犯しうる最大の過ちは、過ちを犯すのを恐れることだ」と。
あなたに必要なのは、もっと多くの打席に立つこと、もっと多くのオーディションを受けること、もっと多くの見込み客を訪問することなのだ。

《成功するために失敗の回数を増やす》

『できる人とできない人の小さな違い』ディスカヴァー

39253508_1854918541255106_1695439980773507072_n.jpg



失敗する回数が増えれば増えるほど、失敗がそんなに怖くなくなってくる。
失敗への耐性や抵抗力がついてくるからだ。
目標や目指す方向が決まっている人にとっては、失敗は長い道のりのなかの単なる一里塚にすぎない。

失敗を恐れる人は、他人の評価を気にする。
失敗するとカッコ悪いとか、みっともないと考えてチャレンジができない。
かくして、チャレンジしないかわりに、失敗も少なくなる。

成功するためには失敗の回数を増やすこと。
失敗耐性を身につけ、目標に向かって何回でもチャレンジしたい
posted by Dr.モーリィー at 06:53| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年08月25日

No 4753  【見切り千両】

IMG_1905.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【見切り千両】

山崎将志氏の心に響く言葉より…



《あなたは1億円の予算で新しいサービスの開発をしています。すでに8000万円を投資して、完成まであと残り20%、というところまで来ています。しかし、競争相手の会社が、あなたのサービスよりも明らかによいものを出してきました。客観的に分析したところ、どう見ても勝ち目がありません。さて、あなたは残りの20%を投資して、開発を続けますか。》

合理的な答えは「ノー」です。
ビジネスでの意思決定は、「いままでかかったお金」ではなく、「これから得られる利益」に基づいて行う必要があります。
この例のように、回収できる見込みがないのであれば、それがわかった時点でプロジェクトを中止するのが合理的な判断です。

2009年に起こったかんぽの宿の騒動を覚えているでしょうか。
08年末に、長年赤字を垂れ流し続け、天下り先としても問題視されていたかんぽの宿を、日本郵政がオリックス不動産へ売却することを発表したところ、年明け早々に当時の総務大臣だった鳩山邦夫氏(故人)が「費やしたお金に対して売却価格が安すぎる」と待ったをかけた件です。
商用不動産の価格は収益還元法によって決められるのが、世界のスタンダードです。
鳩山氏が収益還元法を知らなかったのか、あるいは様々なしがらみを重要視し、知らんぷりを決め込んで政治家的な判断をしたのか、いまとなってはわかりませんが、いずれにしても大きく国益を損ねる結果をもたらした発言でした。

企業で意思決定する立場にいる人のなかには、頭ではわかっているけれども、しがらみが断ち切れず、諸先輩方の顔が浮かんで決断できないという人が多くいます。
あるいは、批判する理由のひとつには、「勝ち目がないという結論は、本当に客観的な分析なのか?やってみなきゃわからないだろう」というものもあるでしょう。
たしかに、現実的な問題に突き当たったときには、選ぶことのできる事象の発生確率は、明確にわかっていないことがほとんどです。
そうした点がありながらも、物事の判断に「かかったお金」や「費やした努力」を理由にしてはならない、ということです。

我々はとかく、すでに使ってしまったお金にこだわりがちです。
これを「サンクコストの過大視」と呼びます。
「サンクコスト」の「サンク」とは、「沈む」という意味を表します。
沈んでしまったコストという意味で、「埋没費用」とも呼ばれます。

サンクコストについてわかりやすく説明した例として、「コンコルドの過ち」というものがあります。
イギリスとフランスの政府が共同で開発した、超音速の旅客機「コンコルド」は、すでに開発の途中段階で赤字になることが判明していました。
にもかかわらず、それまでの投資額が莫大だったという理由で、開発をストップできませんでした。
最終的に、イギリスとフランスの国内航空会社向けに16機製造されただけで、結局わずか7年で生産が終了しました。

とにかく重要な点は、「これからどうなるか」という将来の見通しに基づいて物事を判断することです。
具体名はここでは挙げませんが、日本の伝統的企業のいくつかが似たような状況で損失を出しています。
これはビジネスだけではなく、我々の人生においても時々直面する問題です。

新しいビジネスをつくる仕事をしていると、自分のプランに酔ってしまうことがどうしても起こります。
またスポ根漫画などでよくあるように「あきらめずに頑張るといつか目的は達成できる」と信じすぎてしまうこともあります。
ビジネスモデルがどれだけ優れていても、どうしてもタイミングが合わないこと(早すぎるまたは遅すぎる)や、運に恵まれないこともあります。
永遠に待てるのなら待てばいつか目標は実現するでしょうが、人も組織も年を取りますし、資金にも限りがあります。
ですから、テスト段階で、何を検証すべきかを明確に定めるとともに、あらかじめ撤退基準を設定することが重要です。

昔から「見切り千両」といわれますが、見込みがない状況では勇気をもって撤退の決断をしたいものです。

『「儲かる仕組み」の思考法 いま、利益を出す会社は何をしているのか?』日本実業出版社

39240134_1854698441277116_8574014741666594816_n.jpg


「見切り千両」とは、相場の格言のひとつだ。
含み損のある株はなかなか手放すことができない。
だが、反転を期待して持ち続けるのではなく、損切して手放してしまえ、ということ。

これは、人の行動にも言えることで、今まで費やしてきた時間やお金が大きければ大きいほど、現状を維持しようとする意識が働く。
つまりサンクコストを考えてしまうのだ。

名経営者とは、将来の利益を考えて、大きく損切する決断ができる人のことをいう。
問題を先送りするのではなく、今それを明らかにして、損を確定して、損切する。

問題が出てきたとき…
肚を決め、見切り千両を実行できる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 21:34| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4752    軽自動車? 普通乗用車?

IMG_1902.jpg

医療法人 慈尊幸徳会

毛利歯科グループの 訪問歯科 保育所 事務局用 自動車

実は軽自動車ののですが ナンバーを 

今年から 採用された オリンピックバージョンに変えてみたところ

もう ほとんど普通車です

先日も 駐車場で隣り合わせた方から これ普通車ですよねと?

大きさも 普通車以上  摩訶不思議

ホンダの N Box 

おいちゃん 13年乗りの 大型の自家用車もあるのですが
最近は 街乗りには このNbox を多用しております

IMG_1903.jpg
posted by Dr.モーリィー at 21:10| ライフワーク | 更新情報をチェックする

No   4751   【リアクション】

IMG_0863.JPG

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【リアクション】

本田晃一氏の心に響く言葉より…



僕って、「リアクション」にかけてはかなり、自信があります。
僕は子どもの頃、全然学校の宿題をやらなかったんです。
でも先生からは依怙贔屓(えこひいき)されていたんです。
それって、こんなふうにリアクションしていたからだと思っています。

●先生をキラッキラな目で見つめる
●リアクションよくうなずく
●先生の話を背筋を正して聞く
●ピンと手を伸ばして挙手して
●質問は大きな声でする
●先生が話した内容で重要なポイントでは拍手

これ、大人になっても自分の教わりたい人から贔屓されるためにとっても大切です。
僕自身、セミナーや講演会などをやらせていただいてすごく思うんですけど、リアクションのいい受講生の方がいるとやっぱり、話すほうとしてはすごくうれしいんですよね。
すると、その人のことを無意識で依怙贔屓しちゃいます。

初めて出会った人でもリアクションがいいと「あ、きっとこの人は年齢がこのくらいだから、きっとこんな場面のことが知りたいんだろうな。それならあの話が役立ちそうだから話してみるか!」
みたいにがぜんやる気がわいてきて、どんどん話してしまいます。
誰よりも喜んでいる人に、僕たちはいろいろしてあげたくなっちゃうものだからです。

依怙贔屓って嫌なものだと思う人も多いかもしれません。
でも、どうせなら依怙贔屓されちゃう側に回ったほうが、人生かなりお得です。
好かれると、自分一人では絶対できないこともできてしまいます。
すると、誰も届かないくらい「出すぎた杭」になれるんです。

「出る杭」は打たれますが、「出すぎた杭」はむしろ、目印になります。
「運」って、こんなふうにリアクションをハッキリ出してハッピーにしていると、なんか知らないけど舞いこんできます。
この「相手の喜びスイッチ」探しは、とっても面白いので、是非やってみてください。

『なんか知らないけど、強運が舞いこむすごい習慣』SBクリエイティブ

39252978_1852997688113858_5412343784409137152_n.jpg


田中真澄先生の言葉に、「傾聴(けいちょう)の三動作」がある。
『話し三分に聞き七分、うなずき、あいづち、驚きの表情』
自分が話をするのはせいぜい3割くらいにして、聞くことを全体の7割にする。
そして、傾聴の三動作、「うなずき」、「あいづち」、「驚きの表情」を多用する。
すると次第に、誰からも好かれる人間になっていくという。

リアクションは、「私はあなたの話をよく聞いていますよ」というメッセージ。
実際にどんなに話をよく聞いていたとしても、無表情で、何のリアクションもなかったら、「聞いていますよ」というメッセージは相手に伝わらない。

傾聴の三動作を多用し、リアクションの豊かな人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 07:16| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No  4750     久しぶりの Off  ゴルフ!

IMG_1900.jpg

本当に久しぶりの Off(台風直撃で予定がキャンセルに)
かなり楽しみにしていた ゴルフができました
5月以来の ゴルフでした

練習不足で スコアは まだまだでしたが
台風一過で風はありましたが 天気も良く 楽しめました  最高でした

素晴らしき仲間に  感謝です

IMG_1899.jpg

IMG_1897.jpg
posted by Dr.モーリィー at 07:02| ライフワーク | 更新情報をチェックする

No  4749   【「天使な消費者」になる】

IMG_0862.JPG

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【「天使な消費者」になる】

福島正伸氏の心に響く言葉より…



誰でも簡単に幸せになれる、たった1つの法則をご存知ですか?
ある人は、この法則を知って、嫌なことがあってもすぐに腹を立てなくなりました。
またある人は、普通で単調な毎日が、ワクワクしたものに感じられるようになりました。

その法則とは…
社会に貢献すること。
もっと簡単に言うと、人を幸せにすることです。

「人を幸せにして、何で自分が幸せになるの?」
と思うかもしれません。
でも、ちょっと思い出してみてください。
はじめて電車で席を譲った日。
床に落ちているゴミを片付けた日。
なんだか、すがすがしい気持ちになりませんでしたか?

たぶんそのとき、すがすがしかったのはあなただけではありません。
席をゆずられた人、きれいな床の部屋で過ごせた人、まわりでそれを見ていた人、みんなが幸せな気分になったはずなのです。

日々、小さな幸せを感じられれば、あなたの毎日はいまよりもっと幸せになるのではないでしょうか。
みんながささいな変化を起こし始めたら、世界はもっと幸せなところに変わるのではないでしょうか。
大きな声では言えませんが、実はもう、世界を変えるために動きはじめた人たちがいるのです。

彼らは秘密結社、その名も「国際救助隊」。
人や社会に貢献することを喜びとし、いまできることから行動します。

《国際救助隊とは》
隊員は、人類の未来を担うという崇高な目的をもって行動するものであり、その行動が自らの知名度を上げるためのものであってはならない、たとえ命をかけるような場面に遭遇したとしても、何気なく行動し、活動終了後は、ただの「通りすがりの者」であるかのような態度をとることが求められる。

『まわりの人を幸せにする55の物語』中径出版

39140964_1851809814899312_3749634456613289984_n.jpg



国際救助隊の活動記録がある(本書より)。
《通りすがりの者 ナンバー0490》
『みどりの窓口で、駅員さんとやり取りしました。
そのときに、気が付きました。
自分は、相手によって態度が違うじゃないかっ!
お客さんに対する自分
セミナーで知り合う人に対しての自分
尊敬する人に対しているときの自分
こういうときと比べると、ギャップがあります。
これは、恥ずかしいことだと思ったのです…。

そこで、キャンペーンを張ります。
「天使な消費者」目指します!
お客さんは神様…という言葉がありますが、神様ならば、態度もにこやかなはず。
本日から、買い物が楽しみです』

『私たちは、大きいことはできません。 小さなことを 大きな愛をもって行うだけです』(マザー・テレサ )
人に幸せになってもらうというと、何か大きなことをしなければいけないと思う。
しかし、大きなことなどなかなか見つからないので、ついつい何もせずに終わる、というのが大方の我々の日常だ。

だが、小さなことを大きな愛を持って行うことなら、誰でもできる。
しかも、誰にも告げず、宣伝もしない、ただの「通りすがりの者」として行う。
それが、「誰でも簡単に幸せになれる、たった1つの法則 」。

ただの「通りすがりの者」として…
「天使な消費者」を目指したい
posted by Dr.モーリィー at 06:39| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする