2016年09月01日

No 3725  久しぶりの 屋久島

残暑も厳しいこの頃ですが いかがお過ごしでしょうか?

真夏は やはり 亡くなられる方も多いようです

おいちゃん 52年間生きてきて いろんな方にお世話になりましたが
その中でも 10本の指に入るであろう 屋久島の叔母がなくなった、、、
享年97歳  大往生です

本当に子供のころから かわいがっていただき 大人になってからも
いろいろとお世話になった方、ご家族です

おいちゃん 予定をやりくりして 屋久島に一泊で帰ってきました
お別れが言えて 良かったです


追伸)
@ 近くの 神社が10月の 落成式を前に かなり完成に近づいておりました

 IMG_4099.jpg

IMG_4102.jpg

IMG_4100.jpg

A 屋久島七福神の周りには ポケモンGo たくさん出現するのだとか
 若い人や 気持ちの若い 人が 情報をくれました
 うれしい情報でした

IMG_4113.JPG
posted by Dr.モーリィー at 20:10| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2016年07月26日

No 3676  屋久島七福神 U

おいちゃんは 2週続けての 県外勉強会だったので
今回は 兄貴とおふくろが 屋久島へ

親戚廻りや 屋久島七福神のこと、お見舞いや お悔みなどなど
かなりのハードスケジュールだったようである

感謝・大感謝です



まずは 寿老人様の 移動の様子です
そりゃあ3トンありますので 動くのも大変でしょう、、、

IMG_0574.jpg

IMG_0575.jpg

IMG_0601.jpg

IMG_0579.jpg

尾之間温泉から 守護山 モッチョム岳を 臨む寿老人様

IMG_0588.jpg

IMG_0607.jpg

尾之間の 氏神様 保食(うけもち)神社の新しい お宮の上棟式

IMG_0724.jpgIMG_0724.jpg

IMG_0733.jpg

IMG_0730.jpg

他の七福神様

IMG_0623.jpg

IMG_0651.jpg

IMG_0654.jpg

IMG_0656.jpg

IMG_0700.jpg

IMG_0542.jpg

IMG_0622.jpg

posted by Dr.モーリィー at 08:28| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2016年07月23日

No 3672      屋久島七福神

生まれ故郷の 屋久島のために 恩返しのために 
数年前に おいちゃんが 屋久島の 7つの集落に
寄贈した 屋久島七福神 石像群

IMG_1838.JPG


未来の 屋久島の 守り神に 守護神に なってくれればと
台風が直撃する 屋久島なので
大型台風にもびくともしないようにと
神様1トン、台座2トンの 計3トン

7つの集落に 21トン分 奉納いたしました
今考えても凄いことだなあ  ははは

当初 麦生地区に奉納した 寿老人さまは
諸事情にて 放浪の旅に 出ておりましたが
このたび 永住地が決まりました

IMG_0568.JPG

屋久島で一番の温泉として 美人の湯として有名な
尾の間温泉の 目の前です

DSC04397.jpg

DSCF2424.jpg

DSC04400.jpg

実は おいちゃんが生まれた場所なのです 実家の跡地
いまは 尾の間集落の 区の所有地
不思議なご縁で この地に決まりました
管理も 尾之間集落にお願いし
御賽銭なども 尾之間のために活用していただけたらと
お願いいたしました

屋久島の人々を 尾之間の人々を  観光客を
百年いや千年、未来永劫
温かく見守って欲しいものです


屋久島七福神 公式HP
  http://www.mouri-dc.com/729/index.html


来週の 7月29日は 親父の 七回忌
その前に まとまって良かったです

尾の間の 現在の実家すぐそばの
保食(うけもち)神社 新しいお宮の棟上式も今日開催されたとか

少しでも 恩返しができて 嬉しいです
感謝・大感謝です

ちなみに 7月31日(日曜日)は
尾之間温泉まつりとのことです

寿老人様も 喜んでいることでしょう

IMG_0568.JPG
posted by Dr.モーリィー at 08:15| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2015年06月11日

No 3021    自然エネルギー100%! 電気事業者ではない「屋久島電工」から見える、電力会社に依存しない暮らしかた

Facebook からの転載ですわーい(嬉しい顔)
おいちゃんも 知らないことばかり  勉強になりました!目

自然エネルギー100%! 電気事業者ではない「屋久島電工」から見える、電力会社に依存しない暮らしかた

yakushima_001.jpg
「もののけ姫の森」として知られる白谷雲水峡

「わたしたち電力」は、これまで“他人ごと”だった「再生可能エネルギー」を、みんなの“じぶんごと”にするプロジェクトです。エネルギーを減らしたりつくったりすることで生まれる幸せが広がって、「再生可能エネルギー」がみんなの“文化”になることを目指しています。
自然エネルギーについて取材をつづけているノンフィクションライターの高橋真樹です。

エネルギーの分野で昨年末から話題となっているのは、電力会社が自然エネルギーで発電した電気を送電網につなぐのか、つながないのかということです。

法律ではつながなくてはいけないことになっていたのですが、それが電力会社に有利なように変えられてしまいました。

その理由は、「太陽や風に影響される自然エネルギーは不安定だ」といったものなのですが、本当にそうなのでしょうか? 日本で自然エネルギーによる電力は、ダムによる水力発電を除けばまだ2%。

今回は、エネルギーの未来を先取りしている「屋久島電工」を紹介します。

電力自由化をサキドリした島!?

世界を見れば、自然エネルギー100%の自治体も増えています。また、国家レベルでも例えばデンマークでは、2014年の発電量の39%を風力発電だけでまかないました。

工夫をすればいろいろな可能性があることを先進的な国々の取り組みが教えてくれています。2%の段階でもうあまり入れられないとか、自然エネルギーは不安定だと言って拒否しているのは、先進国では日本だけの現象になってしまっています。

でも、学ぶべきは海外だけではありません。日本にもあったんです、自然エネルギー100%の島が。そう! 日本ではじめて世界遺産登録をされた、鹿児島県の屋久島です(※)。縄文杉やヤクシカ、苔むした森などで知られるこの魅力的な島には、そんな側面があったんですね。

※正確に言えば、ダムによる水力発電が中心なので、狭い意味での自然エネルギーというカテゴリーに含まれるかどうかは議論のあるところではあるが、いずれにしても電力を島で完全に自給していることは間違いない。
 
散策中にヤクシカを発見。シカとサルは島内各地に生息している

また屋久島は、日本でただひとつ大手電力会社が地域独占をしていない地域です。さらに、送電網で送られてきた電気を家庭や企業に販売する、電力の小売りを担ってきたのは、各地域の住民がつくった協同組合です。

2016年以降、日本全体で電力の小売り自由化や、発送電分離(発電事業者と送電事業者が別の会社になること)などを実現しようと議論が進んでいますが、それをサキドリしている島が国内にすでにあったということになります。屋久島ではどうしてこのようなことになったのでしょうか?
 
yakushima_003.jpg
屋久島西部にある大川の滝。流量が多く、日本の滝100選にも選ばれている

屋久島で電気をつくる「屋久島電工」

まるい形をした屋久島は、周囲132キロの島で、そこに1万3千人ほどの人口(約6800世帯)が暮らしています。

急峻な地形と、「一ヶ月に35日も雨がふる」と言われるほどの豊富な雨によって、島の90%が森林におおわれています。他では見られない独特な景観ができた理由はそういうことなんですね。

それだけに、水力発電のポテンシャルは高く、1950年代に県や電力会社が水力発電所をつくり、そこで生まれた電気を海底ケーブルで九州本土に送る計画が持ち上がったこともありました。

その計画は、費用がかかりすぎることで実現されませんでしたが、計画の結果として誕生した「屋久島電工」(※)という会社が、水力発電所をつくり、島の人々に電力を供給しています。

※屋久島電工は、1952年に大手化学メーカー太平洋セメント株式会社(本社は東京)などが出資して屋久島電気興業株式会社として設立。1958年に現在の屋久島電工に改名している。
 
yakushima_004.jpg
屋久島電工の安房第一発電所(提供:屋久島電工)

ご存知のように日本は、東京電力や九州電力など全国の10の電力会社が地域独占をして、発電から家庭に届ける配電までまかなっています。でも屋久島だけは九州電力のエリアにあるのに、屋久島電工という民間企業が電気を送っています。

電気事業者ではない屋久島電工には、住民への電力供給義務があるわけではありません。

じゃあこの会社は何をしているのかと言えば、ディーゼル車の排ガスフィルターや研磨剤の材料となる炭化ケイ素の製品を、宮之浦という町にある工場でつくっています。

屋久島電工はそもそも、その工場の電力をまかなうために水力発電所をつくったのですが、水力発電で得た電力は、島内の全世帯をまかなう量を生み出しているので、住民に送っているというわけです。
 
yakushima_005.jpg
屋久島電工の発電所(安房)と、工場(宮之浦)の位置関係

屋久島電工の設備は安房川流域につくられた3つの水力発電所で、合せて5万8500キロワットの最大出力(一般家庭約1万7000軒分の電力)があります。

このうち、家庭用に使われているのは約25%。通常時はほぼ100%水力発電ですが、水量が足りない場合や、メンテナンスなど発電機を止める際にバックアップとして火力発電を用意しています。ぼくが取材した2014年は降水量が豊富だったので、一度もバックアップを稼動しなかったとのことでした。

発電した電力を家庭に届けているのは、屋久島電工ではありません。送電と小売りを担当するグループが、エリアごとに4つあります。

一部のエリアだけは九州電力が担当していますが、残りの3つのエリアは地域ごとに配電組合ができて、それぞれ独自の運営を行っています。九州電力のエリアは九州本土と同じ電気代になりますが、屋久島電工と配電組合とは、話し合いを持って電力の卸価格を決めています。

yakushima_006.jpg
屋久島の配電エリア。地域ごとに4つのグループが担当している

それぞれの配電組合は、もともとは地域の人たちがお金や労力を出し合ってつくったもので、島のエネルギーを島民のためにどう還元できるか、ということを目標にやってきました。

現在も、送電網の整備や壊れた設備の修復など、たいへんな労力をかけて運営しています。プラス面としては、地域の雇用を産み、地域内で経済を循環させてきたことです。

3つの配電組合が管理するエリアの電気料金は、震災前までは九州電力の料金より、若干高めでした。

しかし、福島第一原発事故の影響で全国の原発が止まってからは、九州電力が値上げしたため、今では配電組合の電気の方が安くなっています。地域でエネルギーを自給できているから、外部要因に影響されにくいのですね。

なぜ九州電力が送電していないのか?

では屋久島ではなぜ、九州電力が発送電を管理していないのでしょうか?

戦後、電力システムのルールが決まって、電力会社に地域独占を認める代わりに、どんなに採算の合わないところでも電気を供給しないといけなくなりました。

でも、屋久島では歴史的な経緯から水力発電によって、屋久島独自の住民による電力供給網ができていました。

九州電力はその現状を知った上で、離島は人口も少なく、送電網を整備するコストを考えると採算が合わないため、何かと理由をつけて自分たちの所有にすることを拒んできたのが実態です。
 
yakushima_007.jpg
屋久島の電力供給の仕組み

屋久島は台風の通り道なので、そのたびによく停電が起きてきました。一般の住民からしたら、地域の電気利用組合が管理するよりも、九州電力にやってもらった方が安定するのではないかという期待感もあったようです。

そこで1990年代後半に、九州電力に送配電網を買い取ってもらおうという動きもありました。

ところが九州電力は、地域の側がお金を出して送配電設備を九州電力の基準に合せて更新し、それを無償で引き渡すよう求めるなど、離島では対応できない無理な条件を出してきました。そのため地域の人たちがずっと運営しているというのが現状です。

なりたくてなったというわけではありませんが、結果的に日本で唯一、発送電分離をしている場所になったわけです。いま日本全体で、電力自由化や発送電分離の議論をしているので、屋久島の電力の取り組みについては改めて注目が集まってくるでしょう。

電気自動車でも先進地域!

いま、世界では電気自動車(EV)が急速に普及しています。排気ガスを出さないので環境に良いというだけでなく、ユーザーにとっても燃料費がずっと安いというメリットがあります。

今後の技術革新で走行距離が伸び、価格が下がり、そして充電ステーションが増えれば、その流れは一気に加速するはずです。でも、その電気を火力発電や原発の電気で充電していたら、社会全体としての電力消費量は上がってしまいます。

そのため、エネルギーと環境のことを考えるのであれば、単に電気自動車が普及すれば良いというわけではありません。

自然エネルギーで発電した電気を、電気自動車に充電するというサイクルをつくることで、火力発電を減らしつつ、燃料としてのガソリンも削減できるようになります。
 
yakushima_008.jpg
屋久島ではあちこちで電気自動車(EV)を見かける。充電はほとんどの人が家庭ですませているという

じつは屋久島では、そのエネルギーの未来をサキドリしています。「CO2フリーの島づくり」を政策にかかげる屋久島では、電気自動車が100台以上普及しています。

屋久島の人口は1万3000人なので、電気自動車の普及率はほぼ1%。普及率で日本の最先端というだけでなく、その燃料は、100%島の水力が生んだ自然エネルギーでまかなっているのです。こんな場所は、世界でもほとんどありません。

電気自動車の課題のひとつは、一回の充電で走れる距離が短いことですが、それも小さい島内を走る分には、それほど問題になりません。

とはいえ、屋久島が主体的に環境政策を進めたことでこうなったというよりは、こちらも結果としてそうなったという面の方が大きいようです。屋久島では、国と県の補助金によって電気自動車がほぼ半額で購入できます。

車種によっては100万円以上の補助が出るので、普通の車を買うよりもお得感が大きいのです。補助金をいつまで実施するのかを決めるのは屋久島ではなく、鹿児島県です。当然、補助金が切れると普及が止まる可能性が高く、このままでは持続可能とは言えません。

「周回遅れのトップランナー」から学べることは?

さて、屋久島のエネルギー事情をざっと見てきました。「自然エネルギー100%」とか「日本で唯一の発送電分離」、あるいは「電気自動車の先進地」という部分を見れば、ぼくのような外からの取材者の眼には、とても先進的で面白いことをやっている島だと映ります。

しかし、お伝えしてきたように結果としてそうなっただけで、屋久島の行政やほとんどの住民は、これまでそのことをあまり認識してきませんでした。

むしろ「九州電力に買い取ってもらえなかった」「私たちは取り残された」というネガティブな意見の方も少なくありません。そのギャップには大きいものがあります。
 
yakushima_009.jpg
発電所の制御室(提供:屋久島電工)

ぼくは、屋久島はある意味「周回遅れのトップランナー」だと考えています。周囲はもちろん本人たちも、「自分たちは遅れている」と感じていたのに、中央に依存せず、地元で目の前のことに必死に取り組んでいたら、いつの間にか他ではどこもやっていない先進的なことをやっていたということです。

そのユニークな屋久島の取り組みでぼくが注目したいのは、地域で送配電を運営している3つの配電組合が、いずれも採算が黒字になっているということでしょう。黒字と言っても、故障や新設備の導入などを見越して蓄えておく必要があり、実際には採算がぎりぎりのところもあります。

しかし、もっともうまく回っている安房という地区の電気利用組合は、その黒字分で公民館の運営費や敬老会のイベントに寄付するなど、収益を地域活動に還元していました。

それは、エネルギーという公的なものを地域が所有することで、具体的に地域の利益になっているという証明になっているのです。大手電力会社では、こうはいきません。やはり、「地域のエネルギー資源を地域のために活かす」という流れをどうつくっていくのかという点が、これからは重要になってくるのだと思っています。
 
yakushima_010.jpg
宮之浦港の全景。左下にあるのが屋久島電工の工場(提供:屋久島電工)

地域の資源を活かし、そこで生まれたエネルギーを誰が利用して、収益をどう使うのか。誰のサポートもなかった時代から、地域の独自の取り組みで住民に電気を届けてきた、この屋久島のユニークな取り組みからぼくたちが学べることは、いろいろあるのではないでしょうか?

この続きは、ぼくが連載している「高橋真樹の全国ご当地エネルギーリポート」でも取り上げる予定です。お楽しみに!

(Text: 高橋真樹)
取材協力:山崎求博=NPO法人足元から地球温暖化を考える市民ネットえどがわ

posted by Dr.モーリィー at 23:53| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2015年05月24日

No 2977    春の叙勲・褒章

みどりの日にも アップしましたが
再度の 新聞掲載に関して

おじさん  おめでとうございます!
IMG_8588.jpg

追伸)
親父も生きていれば 屋久島の役場で 40年以上も
勤務したので 褒章うけたのだろうなあわーい(嬉しい顔)


屋久島毛利家は 私から遡ること 4代前のご先祖様が
明治時代に 屋久島 尾之間に 医者として赴任したことに始まります

その子が 屋久島の地にて 大正時代に警察官に 次がじいちゃんの代
その後が親父たちの代 昭和の時代に 屋久島の農業分野や行政分野、教育分野などで 子孫が活躍してきました

私の父も 昔の尋常高等小学生卒業後から 60歳の定年まで 45年間 屋久島の役場にて 行政職を全う致しました

世のため人のために生きる  感慨深いですねexclamationわーい(嬉しい顔)ひらめき

posted by Dr.モーリィー at 23:37| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2015年02月12日

No 2809  冬の風物詩  屋久島たんかん 

屋久島から 初物 たんかんが届きました
昨年夏の 台風の影響で 今年は 不作のようですパンチ
屋久島全体でも 品薄のようです・・・

今年の おすそ分けは 少なくなりそうです・・・

IMG_6856.jpg
モバQ
posted by Dr.モーリィー at 23:50| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2014年03月04日

No 2261 びっくり 三岳


IMG_4119.JPG

ふるさと 屋久島の 有名焼酎「三岳」です、

先日 鹿児島空港にお見送りに行った時
Shopに立ち寄り 店員さんに 値段間違っていませんか?
と、問い合わせたところ

今は この値段で 取引されているとのこと

900ml 6300円exclamation

びつくり しました!目目目


その時に 空港ぎゃらりーの

おいちゃん おいに入りの 榎木孝明個展も 覗いてきました!

IMG_4118.JPG

IMG_4121.JPG
posted by Dr.モーリィー at 20:59| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年12月29日

No 2144    1年を振り返って・・・

年賀状を作成しながら、年賀状の整理をしながら  写真の構成をしながら

ご縁に感謝しながら 今年一年を振り返っております

最近は 生まれ故郷屋久島に帰る機会が多くなりました

プライベートだったり、仕事関連だったり、仲間のお接待・おもてなしだったり、、、

そんな中から お気に入りの写真を 少しだけわーい(嬉しい顔)ひらめき


9月:春日巨匠と 屋久島撮影弾丸ツアー

_MG_4950.jpg _MG_4865.jpg

_MG_4859.jpg _MG_4965.jpg

_MG_5084.jpg _MG_4334.jpg

_DSC0999.jpg _MG_5060.jpg

_MG_4496.jpg _MG_4448.jpg

_MG_4604.jpg _MG_5232.jpg

_MG_4759.jpg


10月:屋久島七福神、薩摩修験道 平成開山ツアー 明星岳

IMG_5751.JPG

IMG_6487.JPG

IMG_6500.JPG


11月:ご縁塾の仲間+画家ブライアンさんと

IMG_2933.jpg

IMG_2990.jpg


ご縁に感謝の 日々です!
posted by Dr.モーリィー at 08:20| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年09月26日

No 2014 春日巨匠の 凄腕写真!

先日 毛利歯科の Dr春日(セミプロカメラマン)と
屋久島 弾丸撮影ツアーに行ってきました!

さすが 巨匠 素晴らしい作品です!

一部ですが どうぞ

コンゴはいろんな場所で お披露目することとなります!

お楽しみに!わーい(嬉しい顔)



Dr.ヒゲめがねのストライク日記
http://drhigemegane.seesaa.net/

_MG_4388.jpg

西部林道を走っていると台風が過ぎて気持ちいい天気になったせいかヤク猿とシカが道路に出てきて
日向ぼっこをしていました

_MG_4410.jpg_MG_4434.jpg_MG_4499.jpg

結構近くで撮っていたのですが特に警戒されることなくたくさんの写真を撮ることができました

_MG_4508.jpg_MG_4604.jpg
posted by Dr.モーリィー at 08:21| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年05月08日

No 1826   屋久島 歩き遍路  3日目


2013.5.5

6時起床  準備  帰りの準備まで・・・

7:00  親戚の兄さん夫婦に感謝!本日の出発地点中間まで送っていただく
11時までに尾の間に着かないとフェリーに乗り遅れてしまう・・・

@7:30  中間

   五番札所   大黒様
IMG_0218.jpg

本日も快晴です
晴れ男の本領発揮  龍神様も見守っております
IMG_0219.jpg

 中間 農業公園 ファーム・パラダイス
IMG_0220.jpg

 ペルー産フルーツ ペピーノのお接待からスタート  不思議だ!
IMG_0221.jpg

IMG_0225.jpg

A8:20 城下
旭牧場  屋久島にもこんなに大きな牧場があったんだ
IMG_0229.jpg

IMG_0230.jpg

IMG_0232.jpg

 湯泊温泉
IMG_0242.jpg

  B 湯泊

   平内海中温泉
IMG_0248.jpg

    海のコテージ

モッチョム岳が見えた
IMG_0252.jpg

9:00 六番札所  寿老人様
IMG_0261.jpg

 お祈りの準備をしていると
 親戚が 車で駆けつけた  声掛けに 感謝わーい(嬉しい顔)
 昔言葉に尽くせないほど本当にお世話になった
おばさんと親戚の兄さん 92歳になり年老いたが
おいちゃんが握手すると 涙を流しながら喜んだ
おいちゃんも胸に詰まるものが・・・

C 平内  恋泊
IMG_0276.jpg

IMG_0275.jpg
    
屋久島の素敵な地名・・・
ロマンチックやなあ   おいちゃんには似合わないか・・・ははは

D 10:00   小島
  ここまでくると ゴールは目の前

IMG_0297.jpg

IMG_0304.jpg

E 10:35 尾の間七番札所  恵比寿様
IMG_0315.jpg

IMG_0328.jpg

IMG_0326.jpg

IMG_0327.jpg

IMG_0323.jpg

モバQ

本日の歩いた距離 約15Km
3日間の 総歩行距離 約75Km

精神的にも 一回り 大きくなったかな???

車で走ると 90分ぐらいの距離を
歩くと 15時間ほどかかる

しかし 目線も違い 新しい発見も多かった目手(チョキ)グッド(上向き矢印)

何より 屋久島の自然の素晴らしさ 屋久島の人の温かさを
再確認できた  善きお遍路旅だったわーい(嬉しい顔)

今回は屋久島滞在時間が 48時間と少なかったので
屋久島七福神の1番から7番までの約75Kmだったが
次は中間から吉田までの 旧街道・西部林道の難所にもチャレンジしたい

それにしても 昨年 おいちゃんの友人が
屋久島一周100Kmマラソンにチャレンジし
13時間ほどで 完走したが 化け物だ目がく〜(落胆した顔)目
改めてその凄さを再確認したわーい(嬉しい顔)

おいちゃんも もう一度 精神と肉体も鍛え直して
60歳での 四国八十八箇所歩き遍路 1500Kmに チャレンジするぞパンチひらめきわーい(嬉しい顔)

まずは 足を鍛えて マメのできない足にせねばパンチ
posted by Dr.モーリィー at 06:11| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年05月07日

No 1824     屋久島歩きお遍路日記 二日目


2013.5.4

6時起床  親戚に感謝、昨日の終了地点まで送ってもらう

@8:45 空港前 スタート
IMG_9993.jpg

IMG_9994.jpg

B9:30 永久保
IMG_0019.jpg

IMG_0021.jpg

IMG_0025.jpg

    ガジュマルの下で 休憩

  屋久島の 各集落のポイントには ガジュマルの巨木が 多い
バス停や休憩ポイントにもなっている

C 10:00 船行   休
IMG_0053.jpg

IMG_0055.jpg


D 11:00 安房

IMG_0076.jpg

IMG_0080.jpg

IMG_0086.jpg

庭の手入れも行き届いている 屋久どんの近くで  声をかけていただいた池田さん  不思議なご縁でしたクラブ

お茶とコーヒーのお接待も受ける  感謝・大感謝わーい(嬉しい顔)

後でわかるのだが  親父やお袋とも 旧知の仲だったらしい  不思議なご縁だひらめき

手作りの お店と レストラン お庭  目の前は  太平洋  すごすぎる目


 次に向かったのは  以前からの知り合いの サンパウロ 
 昼食で 活力 150%へグッド(上向き矢印)

IMG_0089.jpg

 12:00 再スタート  ちょっと 休みすぎたか???

安房の町  きれいな街です
IMG_0100.jpg

IMG_0102.jpg

IMG_0103.jpg

E12:20 春牧 
IMG_0108.jpg

    四番札所  毘沙門天様
IMG_0110.jpg
   
F13:15 平野

  三岳酒造
IMG_0139.jpg

   
 G 14:00 高平
IMG_0161.jpg
   
H14:40  麦生

  屋久島七福神の 善き理解者  岩田屋で お接待を受ける 感謝!

ポンたん館から  モッチョム岳が
IMG_0187.jpg

   元気 100倍

I 原から 本日のゴール 尾の間までは3Km
  小学生のころ通った道  懐かしい
  小学一年生に 登校距離4Kmはつらかったなあ

    
J 15:55  尾の間 慈尊庵 着

本日の歩いた距離 約30KmモバQ

すぐに 尾の間温泉に向かい 疲れを癒して
親戚の家と 屋久島に行ったら必ず立ち寄る岳南工房へ

その後 屋久島七福神の 理事 池口豪泉氏、藤山倉作氏と合流
お二人は 山岳信仰の 開山供養の準備に 本日は登山をしていました

夕食は 今屋久島で人気の SLOW  美味しかった
Dinig Cafe Bar SLOW
遍路中にも気になるお店のひとつでした
IMG_0040.jpg

IMG_0041.jpg

IMG_0212.jpg

IMG_0213.jpg



まつばんだグループ会長の 倉作氏は 数社を束ねる若手実業家
バス、タクシー、レンタカー、土産屋さん、お茶、衛生関連会社、もうすぐホテル事業もスタートするとか!
登山者向けのお弁当も作っているとのこと

本日も600食のお弁当を作り
ほとんど寝ていない状態で 登山をしたとか・・・

それを聞いたら 少しは手伝わないと 男が廃る
睡魔と筋肉痛、足の指の血豆でぼろぼろのおいちゃんでしたが  平気な顔して23:00まで2時間ほど手伝う
明日も6時おきで 7時スタート予定
    へろへろです!



追伸)
岳参り 開山供養の準備に 明星岳へ上った お二人からメールが

屋久島岳参り

このゴールデンウィーク、屋久島七福神霊場の次なる展開に向け、毛利英樹霊場会会主、藤山倉作、池口豪泉の霊場会理事で、下調べのために屋久島で活動してきました。
毛利英樹会主は七福神霊場を、四国88ヶ所霊場で散見される歩いて遍路したらどうなるかと言う事で、吉田の弁財天をスタートして中間地区の大黒天までの約75キロを実際に歩いてみました。
一方で藤山、池口の理事2名は、七福神霊場と屋久島古来の山岳信仰である岳参りの融合の為、実際に岳参りしてきました。
今回参ったのは毘沙門天の祀られている地区の岳である明星岳。
途中、地区の神社の船行神社でお詣りをし、明星岳に向け岳参りの山道を進みます。
明星岳の頂きには、一品宝壽大権現の祠があり、又そこにたどり着くまでの参道の危険な場所には補助のロープなどが整備されていましたが、これらは藤山氏の父上が生前整備されたものだということです。
岳の頂上の神の祀られたところからは眺望が開けており、宮之浦岳や眼下広がる空港や安房などが見渡す事が出来、縄文杉や白谷雲水きょうへの登山とはまた違った趣きが感じられました。

IMG_0110.jpg
posted by Dr.モーリィー at 05:16| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年05月05日

No 1822  屋久島歩きお遍路日記 初日

先月 四国お遍路を体験して 屋久島を 歩き遍路してみたいとの興味が強く沸いてきました

屋久島七福神を 奉納した目的のひとつに
信仰の島・神々の島「屋久島」に 多くの信仰心を持った人々にも来ていただきたいというのもあったので

そこでおいちゃん 今回のGWを利用して
屋久島へ

5月3日 朝
8:30  フェリー屋久島2  鹿児島港 発
IMG_9844.jpg

快晴・快適な船旅です
IMG_9853.jpg

12:30  宮之浦港 着
IMG_9859.jpg

屋久島七福神 お遍路の旅 一日目 スタート

@13:45  一番札所 吉田 弁財天様 祈願
   IMG_9861.jpg

  14:00  東シナ海展望所 
IMG_9870.jpg

ここで一人目の遭遇者  浜松から自転車一人旅の青年と出会う

 次なる遭遇者 子供たちには  水戸黄門ですかと・・・ははは

A14:30  一湊
IMG_9876.jpg

はじめて 自動販売機に遭遇
次はいつ会えるかわからないので 1本スポーツドリンクを購入  おいしかったなあわーい(嬉しい顔)
IMG_9882.jpg

 布引の滝
IMG_9889.jpg

ダイビングスポット  一湊海水浴場
IMG_9892.jpg

IMG_9896.jpg

空には  龍神様も激励にわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

IMG_9901.jpg

B15:15 志戸子
IMG_9904.jpg

  15:45 緑の回廊にて初めての休憩  糖分補給にて パワーグッド(上向き矢印)
IMG_9910.jpg

IMG_9912.jpg

志戸子から次の目的地宮之浦までは アップダウンもきついほとんど人家もない難所

 黙々と歩いて疲労もピークに達し・・・
かなり限界が近づいてきたなと思ったころ
思いもよらぬ お接待  
IMG_9914.jpg

野いちご  味と心意気に 感謝・大感謝わーい(嬉しい顔)ハートたち(複数ハート)

元気100倍 これぞ お遍路の醍醐味ですねわーい(嬉しい顔)  

C16:30 宮之浦 ふるさと市場 着
IMG_9927.jpg

屋久島は 自転車で散策する人も多いのですが
これなんですね!
IMG_9933.jpg

IMG_9934.jpg

 誘惑に駆られつつも おいちゃんは 歩き続けます!モバQくつ

 16:45  二番札所   宮之浦  福禄寿
IMG_9943.jpg

お祈りして  17:00  再スタート

D 楠川
IMG_9961.jpg

もう 足がかなり重くなってきました・・・
空港まで7キロの標識がでて がんばるぞと1Kmほど歩くと またもあと7Kmの看板バッド(下向き矢印)へこみました

    景色は最高でしたが
IMG_9970.jpg

IMG_9983.jpg


稲森電設前  七福神の 善き理解者・協力者ですわーい(嬉しい顔)

IMG_9988.jpg

IMG_9985.jpg

F  19:30  空港前   三番札所  布袋様

  暗かったので 写真はないです

本日の歩いた距離 30Km弱

その後 迎えに来てもらい 親戚宅で 温泉三昧
みょうばん温泉 美人の湯  しかも家風呂ですよ!
昔は 有名な温泉宿でしたから!

さすがに夜は 爆睡でした

モバQくつバッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)バッド(下向き矢印)グッド(上向き矢印)わーい(嬉しい顔)
posted by Dr.モーリィー at 06:02| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年05月04日

No 1821    屋久島お遍路 1日目!

モバQ

無事に 歩き終えました!   少し筋肉痛ですが・・・はははふらふら

詳しい記事は 後日に!


☆余談ですが 先日鹿児島市黎明館で開催された 
長渕剛兄貴の 書画展に行ってきました 
5年ぶりの書画展 超満員・大迫力でした

おいちゃんも 努力精進せねばと 痛感いたしましたパンチ

IMG_9839.JPG

IMG_9842.JPG



posted by Dr.モーリィー at 06:33| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

No 1818 GW 屋久島お遍路の旅!

モバQ

皆様おはようございます  GWいかがお過ごしでしょうか?

おいちゃん もうすぐしたら 屋久島へ向けて 動き出します

まずは フェリーにて 屋久島へ 5月3日の午後、5月4日、5月5日の午前を利用して
屋久島七福神の 歩きお遍路の旅に チャレンジしてきます

歩行予定距離 約80キロ  目  頑張ってきます

全然練習をしていないのが 心配ではありますが
屋久島のために 己のために 周りの方々のために 世のため人のために
祈りながら 歩いてきます

皆様も 素敵な 楽しい GWをお過ごしください!わーい(嬉しい顔)

IMG_9329.JPG

posted by Dr.モーリィー at 05:29| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年04月14日

No 1797 四国八十八ヶ所霊場 お遍路の旅 壱の4

4日目の朝のスタートです  5:00起床
TVをつけながら 準備していると
地響きが・・・爆弾パンチ
横揺れ、縦揺れ かなり大きな地震です
スマホ・TVから 大音量で 緊急地震速報が 鳴り響きます

海岸近くの方は 避難してくださいと
このホテル 海岸線に建っていますよ がく〜(落胆した顔)
ま、だけど7階だから 大丈夫だろうとモバQ

震源地は 淡路島  近いパンチ

もの凄い 朝のスタートとなりました

が、お遍路中の おいちゃん あまり動じないこころになっていましたね手(チョキ)

全てを受け入れる ありのままを見る 全てに感謝する

それでは 4日目の スタートです

体調は90% 回復グッド(上向き矢印)手(チョキ)

@【第十番札所 得度山 切幡寺 (高野山真言宗)】


 




おいちゃんの今回のお遍路の旅
これには 大きな目的があったのです手(チョキ)

IMG_9329.JPG

おいちゃんが 今は亡き親父と 仏道の師匠や 屋久島の親戚、行政、観光、地区の方々と構想を練りスタートした 屋久島七福神構想

おいちゃんが60歳までに ある程度の形づくりをして
次の世代に引き継いでいけたらと考えております
(あと 10年ほど コツコツ、ぼちぼちと 頑張ります)モバQくつ

屋久島への恩返しが一番 
「きれいで美しい」 島を 島の人のこころを 観光客のこころを 
  切に願っております

プロジェクト名は 【プロジェクト 753〇】
・屋久島七福神で ごみゼロ
・屋久島七福神で 和みの輪

また、当初から お遍路さんが 多く来島する屋久島になって欲しいなと思っておりました
おいちゃんも いつかは四国八十八ヶ所 お遍路の旅 歩き遍路をと 思っていましたが
さすがに 60日も 診療を休むと クリニックが・・・
これは セミリタイヤ?する 60歳までのお楽しみにとっておき

今回はまず お遍路とはどういうものか 作法は 実態はなど
「百聞は一見にしかず」ということで
恥ずかしながら バスツアーに 申し込みました

感想は 行って本当によかったグッド(上向き矢印)

今回は 7月(土佐)、10月(伊予)、1月(讃岐)の旅を
なんとしても 結願します

そして60歳までに 必ず 歩き遍路をするぞと 大きな目標が出来ましたわーい(嬉しい顔)

おいちゃん GWに屋久島に行くので
屋久島七福神の 歩き遍路も 行う予定
約80Km  一日で歩けるかなあ???
どう考えても無理だよなあ  2日に分けるには 日程が・・・
思案中・・・


【四国八十八ヶ所霊場とは?】

四国霊場八十八ヶ所は 平安時代に 真言宗を開いた 弘法大師空海によって 開創されましたexclamation

子供の厄年は13歳、女性の厄年は33歳、男性の厄年は42歳、全部をあわせると88(八十八)となる目
子供も女性も男性も、全ての人々が八十八ヶ所の霊場をお参りすることによって、八十八もある人間の煩悩を消し、幸せに暮らせるということであるわーい(嬉しい顔)

注)開創当初は 全て真言宗のお寺でしたが 廃仏毀釈などの影響で廃寺になったお寺に 他の宗派の方が再建されて 今の形態になったとのことでした

それでもやはり真言宗系のお寺が一番多く
高野山真言宗系のお寺が23寺、その他の真言宗系の各派のお寺や 他宗派のお寺もあるそうです


お遍路は四国霊場八十八ヶ所を巡る癒しの旅
各札所には「本堂」と「大師堂」があります

お遍路の作法としては
@山門にて合掌し、一礼する

A手洗いで、手を清める

B本堂に参り、納め札、線香、ロウソク、供物料としてお賽銭を納める。
 念珠をすり、合掌してお経を唱える。
 (線香3本、ロウソク1本)
 (線香は、お祈りの中にお迎えしている仏様を香でもてなします。
  ロウソクはこころに灯す智恵です)

C大師堂に行き、本道と同じ要領でお参りする


おいちゃん今回は 日程の都合、仕事の都合で バス遍路ですが
60歳までに 是非とも歩き遍路を 達成したいものですexclamation

そのためには 心身ともに健康でありたいものですね!手(チョキ)わーい(嬉しい顔)



posted by Dr.モーリィー at 09:41| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年04月13日

No 1795 四国八十八ヶ所霊場 お遍路の旅 壱の3

IMG_9353.JPG

三日目の朝も 快晴です  5:00起床手(チョキ)
食事も取れるぐらいに 回復しました  75%回復グッド(上向き矢印)かなわーい(嬉しい顔)

まだ 鼻水が出るので お経をあげるときが苦しいのです  
これも修行・修行  ははは

IMG_9355.JPG

8:00 ホテル発で 最初のお寺 薬王寺に向かいますバス

@【第二十三番札所 医王山 無量寿院 薬王寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 厄除薬師如来様

仁王門
IMG_9358.JPG

IMG_9382.JPG

本堂
IMG_9372.JPG

大師堂
IMG_9369.JPG

名物 階段坂   女厄坂(32段) 男厄坂(42段) 本卦還り(還暦)坂(61段)
IMG_9375.JPG
本卦還り(還暦)坂(61段)

楡祇塔(ゆぎ塔)
IMG_9377.JPG

厄除けのお寺として 四国、全国的にも有名で
年間百万人以上の方々がお参りされるそうです目


A【第二十二番札所 白水山 平等寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 薬師如来様

仁王門
IMG_9385.JPG

本堂
IMG_9390.JPG

大師堂
IMG_9393.JPG

IMG_9388.JPG
IMG_9398.JPG
IMG_9397.JPG


B【第二十一番札所 舎心山 太龍寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 虚空蔵菩薩様

ここでは ロープウェイに乗り換えました目モバQ
IMG_9404.jpg

太龍寺は 西の高野として、お大師様が修行した地として有名です
高野山の雰囲気に似ていますね
IMG_9408.jpg 

IMG_9432.jpg 

IMG_9412.jpg

鐘楼門
IMG_9417.jpg

本堂
IMG_9440.jpg

大師堂
IMG_9427.jpg 

IMG_9429.jpg

サービスショットわーい(嬉しい顔)
IMG_9451.jpg 


C【第二十番札所 霊鷲山 鶴林寺 (高野山真言宗)】

仁王門
IMG_9483.jpg 

本堂
IMG_9486.jpg

IMG_9489.jpg
 
大師堂
 IMG_9497.jpg


D【第十九番札所 橋池山 立江寺 (高野山真言宗)】

仁王門
IMG_9508.jpg 

IMG_9529.jpg

本堂
IMG_9509.jpg

IMG_9520.jpg

大師堂
IMG_9515.jpg   

広くて素敵な境内でした!  


E【第十八番札所 母養山 恩山寺 (高野山真言宗)】

弘法大師・空海の母君 玉依御前ゆかりの地
 IMG_9532.jpg

IMG_9533.jpg

IMG_9544.jpg

IMG_9549.jpg


本堂
IMG_9534.jpg

大師堂
IMG_9543.jpg


F本日のバス走行距離 約146Km
 本日は 全て高野山真言宗系のお寺ひらめきハートたち(複数ハート)

広くて立派なお寺ばかりでしたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

四国霊場八十八ヶ所は 平安時代に 真言宗を開いた 弘法大師空海によって 開創されましたexclamation

子供の厄年は13歳、女性の厄年は33歳、男性の厄年は42歳、全部をあわせると88(八十八)となる目
子供も女性も男性も、全ての人々が八十八ヶ所の霊場をお参りすることによって、八十八もある人間の煩悩を消し、幸せに暮らせるということであるわーい(嬉しい顔)

注)開創当初は 全て真言宗のお寺でしたが 廃仏毀釈などの影響で廃寺になったお寺に 他の宗派の方が再建されて 今の形態になったとのことでした

それでもやはり真言宗系のお寺が一番多く
高野山真言宗系のお寺が23寺、その他の真言宗系の各派のお寺や 他宗派のお寺もあるそうです


お遍路は四国霊場八十八ヶ所を巡る癒しの旅
各札所には「本堂」と「大師堂」があります

お遍路の作法としては
@山門にて合掌し、一礼する

A手洗いで、手を清める

B本堂に参り、納め札、線香、ロウソク、供物料としてお賽銭を納める。
 念珠をすり、合掌してお経を唱える。
 (線香3本、ロウソク1本)
 (線香は、お祈りの中にお迎えしている仏様を香でもてなします。
  ロウソクはこころに灯す智恵です)

C大師堂に行き、本道と同じ要領でお参りする


おいちゃん今回は 日程の都合、仕事の都合で バス遍路ですが
60歳までに 是非とも歩き遍路を 達成したいものですexclamation

そのためには 心身ともに健康でありたいものですね!手(チョキ)わーい(嬉しい顔)
posted by Dr.モーリィー at 05:41| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年04月12日

No 1794   四国八十八ヶ所霊場 お遍路の旅 壱の2

無事に二日目の朝を迎えることが出来ました 感謝!
(この文章は 鹿児島に帰ってから書いています!)

やはり お遍路は 修行の旅ですねパンチ

というのも、実はクリニックでも最近体調を崩すスタッフがいて 医療人として体調管理・健康管理は基本中の基本だぞと注意したばかりでしたパンチ

おいちゃんも 病欠で仕事を休むことはほとんどありませんが  正月休みやお盆休みに入ると 日頃の疲れが出るのか 体調を壊すことがあるのです・・・
仕事中は 気が張っているので 病原菌を寄せ付けないのでしょうか?

日曜日の行の後 所用を済ませて 帰ったのが 20:00前
行でたっぷり汗をかいた姿で ずーーっと 話をしていて 少し寒気がするなとは 思っていたのですが・・・

火曜日出発前夜から ちょっと異変が  鼻水が尋常じゃないぞがく〜(落胆した顔)

でも 熱もなかったので  お遍路へ GoモバQ

水曜日 新幹線の中で 咳が・・・  ちゃんと薬とマスクは持ってきたので ばっちりふらふら

しかし お遍路中に だんだん 身体が熱くなる  
まあ 歩いているからだろうと あまり気にせず・・・

初日を無事に終えて ホテルに入り ちょっと ふらふらしていたので
フロントに連絡して 体温計を借りる

なーーーんと  体温 38.7度パンチ  びっくり目

こりゃ やばいぞと  明日以降を考えると 一晩でなんとか 体調を戻すしかない

おいちゃん 一応医療人の端くれ  対応策をいろいろと考え
と いっても 寝て汗をかき 熱を下げ、体力を回復するしかないのですが・・・
一応 抗生剤と 弱めの解熱鎮痛剤を飲んでパンチ

18:00には ベッドに倒れこむように 寝ていました
途中 フロントから 食事はどうしますかとの連絡が入りますが
事情を説明して キャンセル
数回 目が覚めたときに 体温計で熱を計るが ピークは25:00くらいの
38.9度でしたね・・・
たっぷり汗もかいて・・・

朝6:00過ぎ  体温計の 数値は  35.9度
ふーーーっ  ひと安心ふらふら

朝食は 野菜ジュースのみで  OKグッド(上向き矢印)手(チョキ)

事情を 添乗員さんに説明して  二日目の旅の始まりですパンチバス

ちょっと きつかったですが・・・

ちなみに 今回のツアー 大型バスでの移動のため 順打ちではございません
先達さんからも こだわってはいけませんよと  なるほど

歩き遍路の時には 順打ちのほうが 効率が善いのでしょうが
バスだと通れる道に制限がありますからね・・・
というわけで 学び多き お遍路ですパンチひらめき

バスは 8:00出発バス

@【十七番札所 瑠璃山 井戸寺 (真言宗善通寺派)】
   ご本尊は 七佛薬師如来様

仁王門
IMG_9231.JPG 

IMG_9232.JPG

本堂
IMG_9238.JPG

大師堂
IMG_9237.JPG


A【十六番札所 光耀山 観音寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 千手観世音菩薩様

仁王門
IMG_9239.JPG

本堂
IMG_9240.JPG

大師堂
IMG_9241.JPG


B【十五番札所 薬王山 国分寺 (曹洞宗)】
   ご本尊は 薬師如来様

仁王門
IMG_9243.JPG

本堂
IMG_9245.JPG

大師堂
IMG_9246.JPG


C【十四番札所 盛寿山 常楽寺 (高野山真言宗)】

本堂
IMG_9254.JPG

大師堂
IMG_9256.JPG

境内に露出した自然岩
IMG_9259.JPG


D【13番札所 大栗山 大日寺 (真言宗大覚寺派)】

仁王門
IMG_9266.JPG

本堂
IMG_9273.JPG

大師堂
IMG_9271.JPG

お接待
IMG_9275.JPG


☆【ランチ:うどんSet】
IMG_9279.JPG IMG_9277.JPG IMG_9276.JPG


E【十一番札所 金剛山 藤井寺 (臨済宗妙心寺派)】
   ご本尊は 薬師如来様

仁王門
IMG_9281.JPG

本堂
IMG_9287.JPG

大師堂 
IMG_9288.JPG


F【十二番札所 摩蘆山 焼山寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 薬師如来様

ここの参道は細いため 大型バスから マイクロバスへ 移動・分乗車(RV)
スリルも満点でした目

バスの運転手さんは みなさん 上手ですねひらめき

IMG_9292.JPG

上の駐車場
IMG_9295.JPG

ここからまた  歩きます


仁王門
IMG_9312.JPG

IMG_9313.JPG

本堂
IMG_9318.JPG

大師堂
IMG_9322.JPG

大師堂でさあお経をあげましょうかという時に
先ほどまで 快晴だったのに
急に曇ってきて なんと 雪が降りました目
IMG_9324.JPG

お大師様 弘法大師空海様の メッセージなのかパンチ

境内には立派な杉並木も  
IMG_9325.JPG

添乗員さんは 今回の参加者 35名分の 納経帳や軸、白衣など
30キロ近くの バッグを一人で担いで 上ります 毎回
頭が下がります  感謝ですわーい(嬉しい顔)  

IMG_9314.JPG


おいちゃん 一人参加でしたので そういえば 自分が全然写ってないぞと
このとき初めて気づく  ははは  熱のせいか?

同じツアー参加者の方にお願いして カメラ

貴重な一枚ですわーい(嬉しい顔)

IMG_9329.JPG

本物のお遍路さんのようでしょう  はははわーい(嬉しい顔)


マイクロバスの中で 四国遍路の元祖といわれる有名な衛門三郎の 杖杉庵のそばを通る
IMG_9333.JPG

下の駐車場につく頃には また快晴に  不思議ですねひらめき

IMG_9338.JPG

もうひとつ不思議なことが  おおきなお接待コーナーで お茶などを頂き
おいちゃん 反対側の ちいさなお店へ 少しお話して
先達さんも来た頃  皆さんで 食べてくださいと みかんのお接待 40個以上目

IMG_9337.JPG

おいちゃんが 添乗員さん バスの運転手に 事情を説明して渡すと
運転手さんが 今まで永年 ここに来ているが あそこのお店が こんなにお接待するのをはじめて見たと目

おいちゃんが ひもじそうにみえたのか? お大師様の徳か?
ありがたや ありがたやひらめき

この頃から おいちゃんの体調も すこぶる善くなってきましたグッド(上向き矢印)

予定を少しオーバーして 18:30過ぎに 海陽町のホテル 遊々NASA 到着
ここも立派なホテルでした目わーい(嬉しい顔)

本日のバス走行距離 約150Kmバス

先達様、運転手さん、添乗員さん お疲れ様でした  感謝・大感謝モバQ

二日ぶりの 温泉と夕食を 堪能
健康のありがたさを 痛感パンチ  学び多き 遍路旅ですわーい(嬉しい顔)

IMG_9346.JPG 

IMG_9349.JPG

posted by Dr.モーリィー at 06:25| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年04月11日

No 1792   四国八十八ヶ所霊場  お遍路の旅 壱の1

おいちゃん 4月10日(水)朝
スタッフをはじめ 周りの方々のご理解のお陰で
念願の 四国八十八ヶ所霊場 お遍路の旅の1回目に出発いたしました新幹線

おいちゃんは 幼き頃から旅好きで 親戚やらの旅行などにも平気で一人でついていったり、高校ぐらいからは 一人で全国にいる親戚や縁戚の方々のところへ 遊びに行っていましたわーい(嬉しい顔)

大学では 2年の頃に 与論島で1ヶ月間バイトをしながら友人たちと過ごしそのお金を持って 沖縄に渡りお金が無くなったら またバイトをして 帰ってくるという生活や、

北海道一人旅、野宿・ヒッチハイク・安宿の旅で 1ヶ月間過ごすなど
日本国内は 四国以外はすべて制覇していました
海外旅行も 10回以上は行っていますねえわーい(嬉しい顔)

そして 何故だか 自分の中で いつか 四国はお遍路で行くからまだ行かなくてよいと
また少林寺拳法の聖地 香川県にも 4段正拳士になるまでは行ってはいけないとの暗示?暗黙の了解がありました・・・

少林寺拳法は 2段で休眠中のため まだまだですし・・・
お遍路も 60歳になったらと決めていたのですが

数年前からのプロジェクトや
昨年から今年の 別のプロジェクトなどを通してどおしても お遍路に行きたいという感情がひらめきモバQ

本来の目的は 60日間かけての 歩き遍路なのですが
現状では そんな休みは 叶うはずもなく・・・

すると 今年はじめの 阪急交通社のチラシに
バスを使ったお遍路 4回コースがひらめき

1回で1国巡り 3泊4日コース!
これならば  なんとかなるかもひらめきひらめきひらめき

周りを説得する おいちゃんですわーい(嬉しい顔)

おいちゃんが決めた段階で 決定はしているのですが、はははわーい(嬉しい顔)

という訳で 朝5時おきで 行ってきます新幹線

IMG_9199.JPG

まずは 新幹線さくらで博多まで そこで九州各地からの参加者と合流して
新幹線のぞみに 乗り換え 岡山まで

お昼は駅弁でした 

IMG_9204.JPG

岡山からは バスに乗り換え まずは
四国八十八ヶ所霊場 @【1番札所 竺和山 霊山寺 (高野山真言宗)】へ
 ご本尊は 釈迦如来様

IMG_9207.JPG

ここでは 必要な 遍路用品も揃えます
おいちゃんも ちょっと お遍路さんぽく なりましたよ ははは

バス遍路にも 歩き遍路にも行けない方のために プチ写真遍路をどうぞぴかぴか(新しい)

IMG_9210.JPG


霊山寺 仁王門
IMG_9214.JPG 
 
本堂
IMG_9212.JPG

大師堂
IMG_9213.JPG


A【二番札所 日照山 極楽寺 (高野山真言宗)】
  ご本尊は 阿弥陀如来様

仁王門
 IMG_9215.JPG

本堂
IMG_9216.JPG

有名な長命杉
IMG_9220.JPG


B【三番札所 亀光山 金泉寺 (高野山真言宗)】
   ご本尊は 釈迦如来様

仁王門
IMG_9222.JPG

本堂
IMG_9223.JPG

大師堂
IMG_9225.JPG


C【四番札所 黒厳山 大日寺 (東寺真言宗)】
  ご本尊は 大日如来様

仁王門 
IMG_9228.JPG

本堂
IMG_9230.JPG

大師堂
IMG_9229.JPG


初日の バス移動距離 約146Km

先達様、運転手さん、添乗員さんに 感謝ですわーい(嬉しい顔)
posted by Dr.モーリィー at 23:12| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

No 1771   不思議なご縁!

おいちゃんは 生まれ故郷 屋久島に 御恩返しのために
屋久島の 7つの集落に 七福神の石像を 奉納し
各集落の方々に お守りしていただいております

IMG_1838.JPG

七福神をバランスよく配置し その集落の人々や観光客が 七福神を参拝し またその場をきれいにすることにより 場も、人の身も心もキレイになる
屋久島の7つの地を旅することによって  屋久島の自然から 多くのことを学び
自然を尊ぶ、敬うこころを育てて欲しい
また、信仰心を大切にする 清きこころの人々が多く集まることで
屋久島が 今以上に 善き霊気 パワーに満ちた島になるのではと

屋久島の方々 有志の方々 アドバイスをして頂く 多くの方々の御指導のもとに
コツコツと ぼちぼちと 頑張っております

プロジェクト名は Project7530
屋久島七福神で ごみゼロ 
屋久島七福神で 和みの輪
わーい(嬉しい顔)

一昨年の 屋久島七福神の 開創大法要にも 顔を出して頂いた
おいちゃんの 生まれ故郷屋久島・尾之間出身で 西之表市・熊毛選挙区の 
県議会議員 日高しげる先生が 鹿児島県議会の副議長に選出されました
おめでとうございます!

おいちゃんの 縁戚にもあたるのですわーい(嬉しい顔)

しげる先生のお父上で 元県議の 日高よしなり先生には
おいちゃんの 開業の際にも 本当にお世話になったものです

一番左が 日高しげる先生です

IMG_1573.jpg

右から 2番めは 森山 ひろし衆議院議員
森山 ひろし先生は 鹿児島5区で 「大隅・熊毛の元気が、日本の未来をひらく!!」
を信念に、国家・郷土のために渾身の働きをされている 先生です
自民党鹿児島県支部連合会 会長 でもあります
おいちゃんの 高校時代からの友人の 義父でもあります

左から 2番めは おいちゃんの 幼なじみで
最福寺の 後継者 長男 豪泉氏
おいちゃんの 善き アドバイザー

最福寺は 最近も ニュースでクローズアップされていましたが
世界的にも 認められた宗教家 池口恵観法主
世界各国の 要人とも 繋がりが深いようです

今回の件も 世界平和のための 行動だと 確信しております
今の時代 戦争が起これば 大変なことになりますからね・・・もうやだ〜(悲しい顔)

そして 右端は おいちゃんです  ははは

下の写真は 鹿児島県庁に 伊藤知事のもとに
ご挨拶に伺った時のもの
右から おいちゃん、伊藤知事、豪泉氏、藤山倉作氏

IMG_5514.JPG

藤山倉作氏は 鶴丸高校時代の後輩
今は 屋久島のために 全身全霊で働く 若き青年実業家
まつばんだグループ 会長・社長です

おいちゃんも 一歯科医療人として
己に出来ることを考えながら 地域の皆様のために
己の修行の場で 世のため 人のために 精進致しますわーい(嬉しい顔)


追伸) 世界的なオークション クリスティーズ
そこから 池口恵観法主に 白羽の矢が
百万枚護摩行など 前人未到の行をされる法主の書が
オークションで 高値で 落札されたそうです
資料などが手に入りましたら また アップ致しますわーい(嬉しい顔)
posted by Dr.モーリィー at 07:04| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする

2013年02月23日

No 1722  「たんかん」

おいちゃんのふるさと 屋久島の特産品の中でも
一番のお奨めが 冬の「たんかん」
 柑橘系果物の 糖度世界一目

今年も 多くの人に 喜んでいただけましたグッド(上向き矢印)手(チョキ)わーい(嬉しい顔)

屋久島の自然に、おじさん・おばさんに 感謝・大感謝ですわーい(嬉しい顔)

お奨めの食べ方は 冷蔵庫で冷やして 包丁で 1個を8等分に

IMG_8850.JPG
 
IMG_8855.JPG

見た目を 目・視覚で楽しみ  風味香りを 鼻・嗅覚で楽しみ
ジューシーな果汁を 舌・味覚で愉しむ

なんともいえない 南国の大自然を満喫できますよグッド(上向き矢印)手(チョキ)

あーーよだれが出てきた
おいちゃん 毎日 朝2個 夜2個 いただいております  大満足手(チョキ)グッド(上向き矢印)

IMG_8850.JPG


posted by Dr.モーリィー at 23:30| 屋久島七福神 | 更新情報をチェックする