2019年02月05日

No 4993   【大人は時代の空気に敏感である】


IMG_2992.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【大人は時代の空気に敏感である】

明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…



《大人は時代の空気に敏感である》
時代の感覚というのは、刻一刻と変化しています。
LGBT(セクシャルマイノリティ)にまつわる社会事情、SNSを中心に広がった#metoo運動など、かつては見過ごされていた動きや発言にフォーカスが当たり、どんどん修正が加えられていきます。
男女ともに、「△△さん」という呼称を使用するのも、ここ最近ではごく普通のこととなりました。

私たち大人は、この“速度”に慣れていかなければいけません。
「昔は違っていたんだ」などという云い訳は、今やナンセンスです。

たとえば江戸時代に書かれた『葉隠』には、娘が駆け落ちをしたために、家族全員が腹を切らなければいけなくなったケースが書かれています。
極端な例に思われるかもしれませんが、時代が変われば考え方も変化するのです。
大人なら、そういった時代の空気感を常に感じ取り、フレキシブルに対応していきたいものです。

『大人の対応力』ワニブックス

51m93nrSyPL._SL250_.jpg



よく、政治家に時代錯誤なことを言ってしまいSNSで炎上したり、ニュースの話題になることがある。
その多くは、時代の空気に鈍感なこと。
「上から目線の高圧的発言」であったり、「男は〇〇であれ!女は〇〇こうなければならない!」的な時代錯誤の発言や差別発言であったりする。
そのほとんどが、「気遣いがない」、「配慮がない」、「優しさが感じられない」、「心を冷やす」発言だ。
会津藩の「什(じゅう)の掟(おきて)」の中にもある、「弱い者いじめをしてはいけない」「卑怯(ひきょう)な振舞をしてはいけない」等の、人の気持ちを推し量るという共感力の欠如が大きく影響する。

また同時に、年齢を重ねると新しい情報や流行に疎(うと)くなる。
好奇心や、挑戦心や冒険心がなくなってくるからだ。

時代の空気に敏感な真の大人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 06:56| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする