2018年06月29日

No 4675    【世界最高齢首相からのメッセージ】

IMG_1707.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【世界最高齢首相からのメッセージ】

世界最高齢首相、マハティール・モハマド氏の心に響く言葉より…


発展途上国であるマレーシアは、日本から多くのことを学びました。
首相に就任した1981年、私は「ルック・イースト政策(東方政策)」を国策として採用しました。
これは第二次世界大戦で焼け野原となった日本が、たちまちのうちに復興する様から学ぼうとした政策です。

かつて読んだソニーの盛田昭夫元会長の本に描かれた、日本国民の強い愛国心と犠牲を払っても復興にかける献身的な姿は、私に深い感銘を与えました。
労働者は支給される米と醤油だけで一生懸命働き、近代的な産業を育てるため寝る暇を惜しんで技術を磨いていったのです。
日本人の中でも私がとりわけ尊敬するのは、戦後の日本を築いた盛田昭夫氏と松下幸之助氏です。
いずれも先見性を持ち、パイオニア精神と失敗を恐れずに挑むチャレンジ精神、そして独自の考えとやり方で技術革新を生みました。
さらには日本の経済成長を助けるマネージメント能力を兼ね備えていたのが、彼らのすばらしいところです。

日本が明治維新後に近代化の道をたどりはじめたころ、西側諸国は単にアジア諸国の産品ほしさのために植民地を企て、次々と成功を収めていったのです。
19世紀半ばにアジアで独立国として残ったのは日本とタイだけというありさまでした。
そんななかで日本は欧米の覇権主義をかわし、新たな行政システムを導入し、経済を近代化していきました。
江戸から明治へ。
歴史的にみて、明治維新は日本にとって大きな転換点でした。
明治天皇の時代に下された決断の数々は、多くのことを教えてくれました。
そしてその決断を実行した明治の先人を、私は心から尊敬しています。
多くの日本人が当時、産業技術を習得するため欧州に送り込まれました。
日本は瞬く間に欧州と同じレベルの産業の技術と、商いの方法を身につけました。
さらには日本を統治しようとする欧州人の試みすら、1905年、近代化された海軍によってロシア軍を決定的に打ち負かすことで見事に粉砕してしまったのです。

その時、日本は東アジアで尊敬される存在となりました。

マレーシアは、日本が成功した要因をひとつひとつ発見していきました。
それは愛国心、規律正しさ、勤勉さであり、能力管理のシステムでした。
政府と民間企業の密接な協力も見逃せません。
私たちはこれらのやり方をまね、文化をも吸収しようとしたのです。
そして自他共に求めるように、マレーシアは他のどの発展途上国より大きく発展しました。
2300万人余りの人口しか持たない小国が世界第18位の貿易国に成長したことは、マレーシア人にとって大変な誇りです。

『立ち上がれ日本人 (新潮新書)』新潮新書

35628893_1761444477269180_1835703953279418368_n.jpg


マハティール氏は、現在92歳。
今年、5月10日に15年ぶりに首相として再登板した。
その前は22年間、首相としてマレーシアを高成長に導いた。
そして、初の外遊先は、他のどの国でもなく、日本を選んだ。

マハティール氏はこう述べた(本書より抜粋)。

『中国におびえるな、米国に盲従するな、日本人よ、誇りを持て!』

『日本はなぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。
一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。
そして、若者は何を目指せばいいのか…。
日本人には勤勉な血が流れている。
自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい』

そして、2002年11月、マレーシアを訪れた東京都立国際高校の修学旅行生に対して、
『あなたたちには日本人の勤勉な血が流れているのだから、誇りに思いなさい』と、上記のようなスピーチをした。
茶髪の高校生たちは、マハティール氏の言葉に「感動した。こんなことを言ってくれる日本の政治家はいない」と感激し、握手をして泣く子どもたちもいたという。

今、マハティール氏が思ってくれているような、勤勉でよき習慣を持つ日本人がどれだけいるか、はなはだ心もとないが、現代に生きる我々の目を覚まさせてくれる言葉の数々だ。
「立ち上がれ日本人」
「日本人よ、誇りを持て!」という言葉をかみしめたい
posted by Dr.モーリィー at 06:38| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする