2018年12月19日

No 4916     X'masツリー  

IMG_2823.jpg

IMG_2822.jpg

IMG_2828.jpg

毛利歯科クリニック 本院の入っている 鴨池南国ビル
1Fの ロビーに 大きな X'masツリーが 鎮座しております

なんだか 癒されます

posted by Dr.モーリィー at 23:20| ライフワーク | 更新情報をチェックする

No 4915   【10年後の仕事図鑑】

IMG_2792.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【10年後の仕事図鑑】

落合陽一氏の心に響く言葉より…



英オックスフォード大学のマイケル・A・オズボーン准教授が発表した論文『雇用の未来―コンピューター化によって仕事は失われるのか』をご存じだろうか。
同リストによれば、ディープラーニングの発達により、レジ打ちや事務作業などの単純労働はおろか、頭脳を働かせる知的労働でさえ、その多くがAIとロボットに置き換わると予測されている。
批評的に考えれば、正しさも、誤読もあるだろうが、長期的にはこの視座は意味があると考えている。

これを見ると「ロボットやAIのほうが、人間よりもはるかに精度の高い作業や思考ができる」未来において、私たちはどう働き、どのように生きていけばいいのだろうか?と嘆く人もいるかもしれない。
答えは1つ、存在自体にヒトに対する訴求力がある人になればいいだけだ。
これからの未来においては、“何物でもない人間”“貢献度の低い人間”の価値はどんどん下がっていく。

だから自分自身に価値をつける、すなわちより多くのフォロワーを獲得しなければ、市場価値のない人間になってしまうだろう。
これからは「他人と違うことをやっていくことを基本にする」ブルー・オーシャン的な思考と戦略を持って、画一化されていない個人の訴求力と相互的なフォロー・フォロワーシップによる共依存関係を持つべきだ。

自分しかそれをやっていないけれど、それが正しいと信じ、競争することをやめる。
もし、誰かが自分と同じようなことをしていたって、気にする必要はない。
「先を越されたから」とか、「先を越されそうだ」ということを考えるクセは、根本からなくしたほうがいい。

ただ愚直に、そこから先に自分がどういう価値を足せるのかを考えるマインドセットでいけばいいだけだ。
オズボーンのリストなどは、いわば今後金をとって行動するわけではなく、多くの人が楽しんだり相補的に受け持つ「趣味リスト」のようなものなので、気にすることはまったくない。

ただ、オズボーンのリストから1つ学べるのは、このリストに挙げられている職業を少しでも広く、なるべき多く分散してやっておいたほうがいいということ。
たとえば僕がこのリストにあるほとんどの仕事を0.3%ずつくらいやっているとする。
そして、この中の1つの仕事を「そこそこのプロ」としてやっている人と、その長期的な生存率を比べると、多分僕のほうが勝る可能性が高いだろう。
理由は今後テクノロジーが入ってくることで、0.3%の僕と、100%のプロの間のクオリティの差が少なくなるからだ。
だとすれば、リスクヘッジをしているほうが有利ともいえるし、先入観なんく多くのことに挑戦したほうが広い視点を持てるので、大きな絵を描きやすい。
そして、それは希少価値につながりやすい。

1つの仕事の専門性を高めるだけでは、つぶしが効きづらくなるともいえる。
好きでやっているのならまだしも、やらされてやっているような職業である場合、その時間の浪費は人生の損失である、好きなことや楽しいことを突き詰めてニッチトップを目指したほうが人生が楽しくなるのではないかと思う。
ぜひ自分の好きなことを探して、今までにはない組み合わせと掛け合わせて、自分なりの新しい分野を作っていってほしい。

『10年後の仕事図鑑』SBクリエイティブ

48382885_2010029899077302_6578971693593657344_n.jpg



本書の中で堀江貴文氏はこう書いている。
『これからは、自分で生き方をデザインしなければならない時代になっている。
「こんな人生が幸せである」といった理想の人生モデルが崩れかけているのだ。
大学を出て、結婚して、会社に就職して、子供ができて、家や車を買って、引退して、年金で悠々自適に生活して…といった生活を送ることは、もうほとんどの人にとって無理な話だろう。
インターネットが世界を狭め、グローバルにつながった現代に、“画一的な幸せのロールモデル”は存在しない。
これを悲壮なことだととらえるのか、素晴らしいことだととらえるのかはあなた次第だ。
あなたの心の持ちよう次第で、未来なんていかようにも変えていける』

堀江氏は、ロボットが手の機能を持ったとき、飛躍的に進化するという。
今のロボットはほぼ目と耳だけだが、人間と同様に5本の指を器用に使いこなせるようなると、知能は急速に向上し、ほとんどの作業を機械が代替えする時代が到来するからだ。

来るべきITやAIの新時代を歓迎するか、あるいは否定するかで、これかの生き方は決まってしまう。
否定した時点で、ITやAIを使う側にはなれない。

時代の変化に対し…
自ら変化し続けられる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 23:06| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4914    デンタルショー A

鹿児島を7時前に出て 一日中 会場を歩き回ったスタッフへ

感謝と 人気店の おもてなしや 発想から学ぶために

おいちゃんお気に入りの 「俺のフレンチ」へ

福岡店は かなりゴージャスで ジャズライブもあり

常に満席状態

初体験のスタッフも多かったのですが
みんな大満足でした 特に おいちゃんが  ははは 
雰囲気をどうぞ  ここではみんなデジカメ写メ撮り放題 ははは

IMG_2746.jpg

IMG_2756.jpg

IMG_2763.jpg

IMG_2753.jpg

IMG_2765.jpg

IMG_2759.jpg

IMG_2774.jpg

その後 博多駅のイルミネーションを満喫して 帰路へ
帰り着いたのは夜の10時ごろ

参加したスタッフに大感謝です

IMG_2777.jpg

IMG_2783.jpg

IMG_2782.jpg

IMG_2780.jpg

IMG_2781.jpg

IMG_2778.jpg
posted by Dr.モーリィー at 22:44| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月18日

No 4913   【一笑百福】

IMG_2790.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【一笑百福】

斎藤一人さんの心に響く言葉より…



いつも笑顔でいる。
人のいいところがあったら、褒めてあげる。
みんな、なかなかそういうことしないから自分もしないって言うけど、みんながやらないから価値があるんだよ。

本当のことを言うとね、私は一笑百福どころか、千福か万福だと思っています。
それくらい、みんな笑顔が足りないし、人のことも褒めないんです。
日本人って笑顔が足りないよね。
愛のある顔をしてないの。
愛のある言葉を使ってない。
だから、そういう中で自分が笑顔で愛のある表情や言葉を出していると、人のぶんまで自分にいいことが起きるんです。

満員電車なんかに乗ってごらん。
みんな無表情で、本当にいづらいよね。
だけど、その中で自分だけは機嫌よくしてるんです。
そうすると、そこの座席にいる人たちの幸せが、全部自分に来ちゃうよ。
笑顔って、それくらいすごいことです。

1回笑うと、ごほうびがたくさんくるよ。
だから笑いな。
本当だよ。
だって、私の人生はね、私が笑ってるだけで周りの人も幸せなんです。
で、たくさんいいことが起きる。
私の人生は、一笑いするだけで百くらい福が来る。
だから、私は「一笑百福」が正しいと思っているんです。

この日本っていう国はね、いいことは昔から山ほど言葉に残っているけど、それをやる人が少ない国なの。
なぜかって言うとね、みんな、苦労しなきゃいけないと思ってるの。
幸せっていうのは、苦労して苦労して手に入れるものだと思っているんです。
で、苦労するとどうなるかって言うと、苦労が寄ってくるんだよ。
だから、不幸になっちゃうの。
苦労って、いらないものなんだよ。

『斎藤一人 俺の人生 (すべてが成功する絶対法則)』マキノ出版

47581106_2008522385894720_7485869315342729216_n.jpg



斎藤一人さんは本書の中でこう語る。
『みんなはね、人生のごほうびが少なすぎるんです。
何が言いたいかっていうと、普通の人は「笑う門には福来る」って言うんだよね。
だけど、笑って福が来るって、一回の当たりじゃないんだよ。
私の場合はね、1回笑うと100くらい福が来る「一笑百福(いっしょう ひゃくふく)」なんです。
ものすごい大当たりだから、俄然やる気になる(笑)。

私はね、ちょっといいことすると、うんとごほうびがもらえるって信じてるんです。
なぜかって言うとね、それくらい、世の中にはいいことをしている人が少ないからです。
人のいいところを見たら褒めるとか。
たったそれだけのことですかっていえば、たったそれだけをやっている人が少ないんだよ。
だから、みんなハズレなの。
ちょっといいことをすると、みんなの当たりの運が全部私のところにくる(笑)。
だって、ほかのみんなはハズレなんだもの』

「一笑一若 一怒一老」という言葉がある。
ひとつ笑えば一つ若くなり、ひとつ怒れば一つ年をとる。

『「商」は「笑」なり「勝」なり』とも言う。
笑顔は最大の集客能力であり、人の魅力もまた笑顔で決まる。

いつも笑顔でいる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 07:22| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月17日

No 4912   【過去基準と未来基準】

IMG_2789.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【過去基準と未来基準】

心理技術アドバイザー、梯谷幸司氏の心に響く言葉より…



過去基準の場合、何かアクシデントが起きた時、しばしば「なぜこれが起きたのか」と自他に問いかけます。
原因を探るために、「なぜ」という言葉を使ってしまうのです。
ただし、その原因が明確になることはほぼありません。

自動車メーカーのトヨタの現場で実践されているトヨタ式カイゼンを真似(まね)して、「『なぜ』を5回繰り返せ」と言う人がいます。
機械の分野ならそれは有効です。
なぜなら機械の不具合であれば、ここが1ミリ厚いのではないか、工程はどうかと、必ず答えにたどり着けるからです。
しかし、それを人間に当てはめて「なぜ」と原因を探りにいってしまうと、人間のメカニズムは複雑ですから、答えは出てこないどころか、具合が悪くなってしまうのです。
企業のコンサルティングをして感じるのは、「なぜ」を繰り返す社長の会社はスタッフもあまり伸びませんし、うつの社員が多いという傾向もあります。

たとえていえば、子供がテストで80点をとったケース。
お母さんが「なぜ80点なの?」と、原因に焦点を当ててしまうと、子供は無意識に言い訳を考え始めてしまうのです。
それに対して未来基準の場合、「何の目的で80点を取ったの?」という質問になります。
そこには大きな目的があるんだね、という前提があるわけです。
「どんな目的なんだろう」と未来に視点が向かいます。

病気も、「なぜ病気になったのか?」ではなく、「何のために病気になったの?」という質問になります。
すると「この病気は何か意味があってやっているのだ、何かに気づく必要があったんだ」という前提が生まれます。
しかし、「なぜ病気になったのか?」を追求し始めると、過去に焦点が当たり、「何か悪いことがあった」という前提で話が進んでいってしまいます。
過去と未来、どちらに焦点を当てるのかで、身体の反応や脳の動きが大きく変わってしまうのです。

【過去基準】
行動する時、「なぜ」それをやりたいのか理由を考える。
また、自分の行為がうまくいかないとき、「なぜ」うまくいかないのか、原因を考えるパターン

【未来基準】
行動するとき、「何のために」それをやりたいのか目的を考える。
また、自分の行為がうまくいかないとき、「何のために」うまくいかないのか、別の目的や新たな利用法を考えるパターン

『なぜかうまくいく人のすごい無意識』フォレスト出版

47571591_2006554796091479_4549720901750358016_n.jpg



未来志向の人は、その先を考える。
たとえば、病気が治るのが最終目的だと思ってしまうと、病気が治ったとたん、目的がなくなり腑抜(ふぬ)けのようになってしまう。
しかし、何か自分が本当にやりたいことがある、そのために病気を治したい、というのなら病気を治すのは単なる途中の一過程となる。

ビジネスの世界でもそれは同じこと。
それを本書の中でこう書いてある。
『立ち上げた会社が一部上場企業になったある創業者。
さぞお金の優先順位が高いだろうと思って聞くと、1位「信頼」、2位「貢献」、3位「成長」ともっともらしいことが出てきます。
これだけ稼いでいるのにお金が上位にないなんておかしい…。
最初は謎だったのですが、よくよく聞いていくと、判明しました。
すべての価値観にお金が紐づいていたのです。
1位「信頼」を大切にしているとファンが増えて売上げ拡大につながる。
2位「貢献」は社会に貢献すれば恩恵を受ける人増えて売上げにつながる。
3位「成長」は成長が新しいビジネスの発見につながって売上に結びつく。』

つまり、病気と同じで、お金の先に確固たる目標ややりたいことがある。
何のためにお金が必要なのか、ということ。
それが未来基準。
真の目標をクリアーすれば、おのずと途中のお金もついてくる。

未来基準で生きていきたい
posted by Dr.モーリィー at 07:12| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4911  デンタルショー  2018  @

毛利歯科の メイン取引歯科材料会社

ササキ主催の 100周年記念 デンタルショーに
スタッフ 6名で 参加してきました

新しい 材料 機器 考え方 使い方

一日フルに使って 学び多き時間でした

デジカメ撮るの忘れて 説明を受けていたので

ポスターのみですが

IMG_2819.jpg
posted by Dr.モーリィー at 07:01| クリニック情報 | 更新情報をチェックする

2018年12月16日

No 4910    【デジタル化に真剣に取り組む】

IMG_2794.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【デジタル化に真剣に取り組む】

マッキンゼーの、アンドレ・アンドニアン&ユルゲン・メフェルト氏の心に響く言葉より…



今なぜ、企業がデジタル化に真剣に取り組まなければならないのだろうか?
それは、生き残るための「必要条件」だからである。
いまだにデジタル化を、アタッカー(挑戦者)やディスラプター(破壊者)として既存市場に参入する新興企業が使う「ツール」に過ぎないと誤解している人たちがいる。

たしかにデジタル化は、テクノロジーがベースとなった革命である。
だがIT企業や新興企業だけに関係があるわけではない。
この革命は社会全体にあまねく影響を与え、その恩恵は企業、業界、政府、公的機関に及ぶ。
全ての企業がデジタル化から逃れられないし、むしろ既存企業は真っ先にデジタル化に取り組まなければならない。

特に長い歴史を持ち、確固たるビジネスモデルを確立し、優れたオペレーションを有し、業界でリーダーとなっているような企業は緊急性が高い。
そういった現在の優良企業が生き残るためには、デジタル化が必須だからだ。
現在成功しているビジネスモデルや市場を自らがディスラプターとなって破壊し、その結果として市場で勝ち残っていけるような未来を実現するために、デジタル化は絶対に必要だ。

近年、データ保存の1バイト当たりコストが驚くべきスピードで下がり、保存可能なデータ量とデータ処理量が飛躍的に増えた。
ある調査によれば、過去2年間に作成・保存されたデータ量は、古代から人類文明が作成・保存してきたデータ量を上回ったという。
このデータ量の爆発的な増加が、未来の形を大きく根本から変えていくことは間違いないと断言できる。

例えば、様々なデバイスが相互に結びつくIOT(インターネット・オブ・シングス)を見てみよう。
現在の接続デバイス数は49億台に過ぎないが、これが2020年までに10倍以上の500億台になることが予想されている。
AI分野においては、データ量の増加によるディープラーニングの進展によって、2030年までにコンピューターの演算能力が人間の脳と同等レベルになるとされている。
現在、企業が行っている業務の70%は自動化され、AIやロボットが担うことになるだろう。

日本の大企業の多くは50年あるいは100年以上の長い歴史を持ち、長年にわたって成功を収めてきた。
だがこの激変を前に、今までの成功体験を捨て、ビジネスモデルを再構築することが不可避となっている。

新しいビジネスモデルでは、企業の根幹(コア)部分も変える必要がある。
どのように開発、製造、購買、メンテナンスなどを行うのか(オペレーショナルプロセス)、どのように顧客や消費者にアプローチし、商品・サービス・付加価値を提供していくのか(コマーシャルプロセス)、それを支える業務部門はどうあるべきか(バックオフィスプロセス)といった全てを再構築しなければならないのだ。
デジタル化は新しいチャンスや機会を企業にもたらす。
だが仮に乗り遅れれば、企業に大きな課題を突き付ける。
そしてデジタル化のスピードは指数関数的に加速しており、ハイテク業界に見られたように勝ち組と負け組がすぐに決まってしまう。
「周りが何をやっているのか見て決める」という様子見ができるような生易しい状態でないことを意識してほしい。
今すぐにアクションを起こすか、ディスラプトされるかだ。

まず、全ての企業はデジタル戦略を持たななければならない。
その中で、自分たちばどの市場のどこでディスラプションを起こすのかを明確にすべきだ。
また、バリューチェーンのどこに脅威があり、どこにチャンスがあるのかを探し出す。
そして、自分たちが保有するデータを明確にして、そこからどのような競争優位性を引き出せるのかを考える。
どのようなデータアセットがあり、どのようなユースケースがあり、どのようなエコシステムが形成できるのか?
こういったことをデジタル戦略に書き込むことによって、あなたの会社がIOTとデジタル化の競争のなかで、勝ち組として生き残る方法を考えなかければならない。
残された時間は、限られている。

(以上、マッキンゼー日本支社長アンドレ・アンドニアン氏)

『デジタルの未来 事業の存続をかけた変革戦略』日本経済新聞社

47571323_2005645942849031_6218731869987405824_n.jpg



ユルゲン・メフェルト氏は本書の中でこう語る。

『デジタル革命はあらゆる業界を呑み込みつつある。
受け止め方によっては、会社の規模にかかわらずまたとない機会となる。
書籍の電子化という脅威のなかでも新たな切り口を模索したドイツの書籍販売業界は一例となるだろう。
彼らにとってこれまでの550年間は安泰そのものだった。
ヨハネス・グーテンベルグが活版印刷技術を発明した1450年以降、書籍販売の構造は驚くほど変わってこなかった。
印刷所で製本された書籍を書店が仕入れ、書店に客が訪れて店内を巡り、好きな本を手に取って購入する。
しかし新世紀が明けるとともに、これまでのルールはすべて塗り替えられた。
アマゾンが世界最大の書店になったのに加え、2007年に登場したキンドルで読める電子書籍が瞬く間に広まったのだ。
これは世界中の書店のみならず、チェーン展開する大型書店の経営者を震え上がらせた。
彼らはテクノロジーの破壊的な力と変化に対し、今までのビジネスモデルが無力であることを目の当たりにした。
業界そのものがデジタル化の波に晒された例は多い。
写真業界のリーディング企業だったコダックや、カタログ通販事業者、旅行代理店、新聞社など、事業存続ができなくなった幾多の企業が思い起こされる。
傍観しているわけにはいかないことは明白だった』

「ゆでガエル理論」という有名な話がある。
カエルを熱いお湯のなかに入れると驚いて飛び上がる。
しかし、常温の水の中に入れゆっくりと水を熱くしていくと、その温度変化に気づかずカエルは死んでしまうという寓話だ。

ITやAIの進化により、劇的な変化の時代が来ていることは、ほぼ世界の誰もが知っている周知の事実だ。
しかしながら、多くの企業人や経営者、そして生活者が、これほどまでにこの大きな変化に対して鈍感だ。
知ってはいても見ぬふりをしているのか、あるいは完全にあきらめてしまっているのか。

しかし、誰がなんと言おうと時代は確実に変わり、デジタル化の波はありとあらゆる産業や企業、学校、組織、そして個人に大きな影響を及ぼす。
これは、老若男女を問わず、全ての人類に及ぶ確実な変化だ。
だからこそ我々は、「ゆでガエル」になってはいけない。

デジタル化に真剣に取り組むこと…
いくつになっても、学び続けることが今ほど必要な時代はない
posted by Dr.モーリィー at 06:41| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月15日

No 4909    まらそん準備

今年2回目の インフルエンザでダウンした おいちゃんです

スタッフからもあきれられております 、、、

1月も まらそん練習後

今回12月も 桜島マラソンの後

口呼吸のおいちゃんの サガなのか、、、

体力づくりのために走っているのか 体調壊すために走っているのか

残念です!  悔しいです!

ま、 原因は 練習不足で 無理して走るからなのですが

初参加の時より だんだんと練習時間が少なくなっている

2019年の かごしまマラソンこそは しっかりと

練習して 気持ちよく走りたいものです

IMG_2698.jpg

IMG_2705.jpg

IMG_2706.jpg

IMG_2707.jpg
posted by Dr.モーリィー at 06:29| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月14日

No 4908   【どんな状況にあっても楽しく学び続ける】

IMG_2787.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【どんな状況にあっても楽しく学び続ける】

落合陽一氏の心に響く言葉より…



「人生100年時代」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。
日本には現在、100才以上の高齢者が6万9785人います(2018年9月現在)。
1980年の時点では、100才以上は全国に約968人しかいませんでした。
この38年の間に約70倍にまで増えたことになります。

このまま医療が発達し、人間の平均寿命が年々伸び続ければ、いずれ100才まで生きることが当たり前の時代が来ると言われており、日本政府はその予測のもとに、2017年に「人生100年時代構想会議」を立ち上げています。
社会のあり方や、個人のライフスタイルに大きな変化が生じることは確定的で、政府は既に準備から行動へと動き出したところです。
人生100年時代が到来すると、これまでの「人生80年時代」から、その人生計画を根本的に見直す必要が出てくるでしょう。
さらにIT化が進み、テクノロジーの進化が著しい時代になれば、社会の流行は数十年ごとに目まぐるしく移り変わり、人々の価値観も特性も大きく変わるでしょう。

これまでは、受験戦争に勝ち抜いて、偏差値の高い大学に入学し、一流といわれる大企業に就職することで、高年収のレールに乗ってしまえば安泰という人生のロールモデルがありましたが、現在は法人よりも個人の寿命のほうが長い時代です。
これまでのような人生計画は、長さにおいても働き方においても意味をなさない時代になると思います。
では、これからの時代、若い世代や現役世代はどのように生きていくべきなのでしょうか。
重要になるのは、「新しい学び方」、そのために心構えを身につけることです。
それと同時に、教える側の保護者や先生にも、「新しい学び方」を伝えるための心構えが必要です。
学ぶための戦術ではなく戦略が重要になるし、そこでは柔軟な思考訓練を常に行っていかなければならないでしょう。

僕自身、研究者として、メディアアーティストとして、経営者として、日々、学び続けています。
また、学生や社員の人材育成について考えたり、さらに父親として子供の家庭教育に関わる中で、どうすれば学び続ける人を育てられるのかについて、考えるようになりました。
多くの学生を指導する中で、また様々な現場を経験する中で気がついたのは、結局、どんな状況にあっても楽しく学び続けられる人、前提を無視し、ストレスを感じず、常に柔らかな跳躍ができる人が強いということです。

人生は学校を卒業してからのほうが長いのです。
そう考えると、学生時代を終えた後も、社会にいながら学び続け、学ぶことをライフスタイルとして、新しい知識を取り込めるか、新しい価値を提供し続けられるかが鍵になるでしょう。
生活の中にどういった学びを取り入れていけるかを常に考えなくてはなりません。

『0才から100才まで学び続けなくてはならない時代を生きる学ぶ人と育てる人のための教科書』小学館

47030476_2003211776425781_2437019256123031552_n.jpg



本書の中で落合氏は、学校という概念が変わりつつある時代の新しい大学像についてこう語る。
『今、世界中から最も注目を集めている大学の一つ、アメリカのミネルバ大学は、教室を持たず、講義はオンラインで行われています。
その独特な教育理念と、世界7か国のキャンパスを移動して行われるアクロバティックなカリキュラムが特徴の新設大学です。
この大学が目指しているのは、さまざまな課題を解決するために必要な「思考法」を身につけること。
つまり、知識を教えるための大学ではなく、「考え方」を教える大学なのです』

ミネルバ大学は、ハーバード以上の難関大学と言われ、世界のエリートが今一番入りたい大学。
新設大学ながら、初年度には98か国1万1000人以上の応募があり、その合格率は2.8%という狭き門だった。
授業はすべてオンラインで、学生は1年間はサンフランシスコで共同生活をするが、それ以降は半年ごとに、ロンドン、ベルリン、ハイデラバード、ソウル、台北、ブエノスアイレスに移動することにより、人脈や経験を増やしていく(残念ながら日本はパス)。

哲学者ヘーゲルは『法の哲学』の序文で、『ミネルバの梟(ふくろう)は黄昏(たそがれ)に飛び立つ』という有名な言葉を記している。
「ローマ神話の女神ミネルバは、技術や戦の神であり、知性の擬人化と見なされた。
梟はこの女神の聖鳥である。
一つの文明、一つの時代が終わるとき、ミネルバは梟を飛ばした。
それまでの時代がどういう世界であったのか、どうして終わってしまったのか、梟の大きな目で見させて総括させたのだ。
そして、その時代はこういう時代だったから、次の時代はこういうふうに備えよう、と考えた」(『魂の経営』東洋経済新報社)より

今まさに、一つの文明、一つの時代が終わろうとしている。
次の時代に備えるため…
どんな状況にあっても楽しく学び続けられる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 06:59| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月13日

No 4907    エレベータ表示

IMG_2708.jpg

IMG_2709.jpg

自宅マンションの エレベータホールの中の
掲示物を何気に見ていたら
 
なんと友人の長男さんの 標語が

素晴らしい 気づきに 感謝です!
posted by Dr.モーリィー at 06:57| 鴨池新町地区・活性化 | 更新情報をチェックする

2018年12月12日

No 4906   【幸福の法則】

IMG_2786.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【幸福の法則】

宇野千代氏の心に響く言葉より…



■人間の顔つきも習慣である。
笑顔が習慣になればしめたものである。

■おかしいことであるが、私はいつでも、自分の都合の好(よ)いことがあると、これは何かのお蔭ではないかと思う。
そう思うことが好きである。
そして、そういうことが続くと、了(しま)いには、自分には都合の好いことが続くものだ、と思い込むである。
不思議なことであるが、何でもそうだと思い込んだことは、その通りになるものである。

■お洒落(しゃれ)をする、或いは気持ちよく身じまいをすることは、生きていく上の、生き甲斐(がい)でもある。
ちょっと大袈裟(おおげさ)に言うと、人としての義務である。
お洒落は自分のためだけにするのではなく、半分以上は、自分に接する人たちの眼に、気持ちよく映るように、と思ってするのだから。

■私は若い人が好きである。
若い人の百パーセントに生きている姿が好きなのである。
若さとは何か。
ひと言で言えば、生きが好(よ)いということがその凡(すべ)てである。

■あなたの倖(しあわ)せは、ほんのすぐ、あなたの身近にあるのです。
人間の欲望を遂げたい気持ちは、限りもないものだと思いますが、あなたはその欲望を、どのくらいの高さまで、遂げたいと思っているのですか。
あなたは、あなたの思っているよりも、ほんの一桁(けた)、ほんのちょっと格下げをしただけで、あなたは倖せになれるのだと思いませんか。

■人間は考え方、心の持ち方で幸せになったり不幸になったりするのです。
絶対の幸福も不幸もありません。
悩みや心配事から解放されるコツはこだわらないこと、これ一つです。

■不幸だとか幸福だとかという言葉くらい、本人の気の持ち方次第のものはない。
不幸が好きな人は不幸だし、幸福が好きな人は幸福だ。
おかしな言い方であるが、不幸になるのも幸福になるのも、本人の望み次第で、私の好き勝手になれるのだという気がしている。

『幸福の法則一日一言』海竜社

47572618_2001818983231727_1785321706269704192_n.jpg



自分が幸せだと思う人は、肯定的な人。
反対に、不幸だと思う人は、否定的な人。

同様に、未来に希望を持っている人は、肯定的な人。
そして、若者が好きだ。

否定からは希望は生まれない。
肯定的な人は、冒険心や、挑戦心、好奇心、そして、バイタリティにあふれている。

幸福という現象も、不幸という現象もない。
あるのは、「幸福」あるいは「不幸」、と感じる自分がいるだけだ。

幸福の法則を身につけたい
posted by Dr.モーリィー at 08:17| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月11日

No 4905   【13の未来地図】

IMG_2785.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【13の未来地図】

角田陽一郎氏の心に響く言葉より…


わたしたちは、人類が今まで経験してきた歴史上の様々な変化の中でも、最大級の変化かも知れない、“なんだかよくわからない”変化に遭遇しているのです。
“なんだかよくわからない”変化とはなんなのか?
情報革命?
この情報革命とは、はたからみたら、これらは技術の進化です。
でも実はそれ以上に概念自体の進化なのです。
概念自体が変化してきていることにより、今まで社会で通用していた既存の構造=慣習、ライフスタイル、教育、会社、政治、経済といった様々なものがことごとく変化してきているのです。
このような今まで私たちが信じて疑わなかった様々な構造=フレームがことごとく変わってしまったら、一体どうなってしまうのか?
それを13の項目に分けてみました。

1. モノ→情報
社会の価値基準が、モノから情報へ替わる。
■搭乗券がなくても飛行機に乗れる、という進化
■なぜ情報革命は産業革命よりすごいのか?
■スマホは携帯電話の進化形ではない
■2018年、人類史上まれにみる維新が世界規模で起こっている

2. 肩書→タレント
肩書より自分の才能がウリになる。
■あらかじめ“人となり”を伝え合う社会
■すべての人がタレントになる時代がやってきた
■あなたはどんなタレントなのか?
■好きなことだけして生きられる、夢のような時代がやってくる
■AIの限界「フレーム問題」から逆算する
■AIはしょせん「ダメ社員」
■フレームを作ることが人間の仕事になる
■AIはポジティブに受け入れてしまえ
■天才にならなくていい。ただ好きなことをすればいい
■「大量」から「適量」に時代は移っている

3. 上司・部下→師匠・弟子
上司と部下の関係は、師匠と弟子の関係になればいい。
■「仕事」は「修行」になり、「上司と部下」は「師匠と弟子」になる
■自由とは休みたい時に休めることと同様に、働きたい人が存分に働けること
■優秀な人が定年でリタイアするのは社会的な損失

4.組織→バンド
会社の組織はバンドになる
■産業革命以来の組織は姿を変える
■組織か?個人か?いやバンドである
■固定メンバーが全員そろってステージに立つのが大原則
■どんな才能の持ち主も、一人では活動できない
■消費者はいなくなり、クリエイターだけの世界になる
■才能とはたくさんの「好きなこと」を見つける力

5.イデオロギー→ユーモア
人を束ねるものは、イデオロギーからユーモアになる。
■「イデオロギー」は「ユーモア」に変わる
■「ユーモア」という世界平和の感性に人は集う

6. 分析→情緒
分析の時代から、情緒の時代へ。
■才能は個人の感情が起点となって発揮される
■感情はデジタル信号に乗って伝わっていく
■情報技術が感情を拡張・解放した
■モノゴトの本質は、“感情”だ
■若者から失敗体験を奪ってはいけない
■“遊び”がある会社が成功する

7.思考→身体
頭で考えるより、身体で感じることが価値を生む
■「シンギュラリティ」における人工知能のIQは10000
■身体性が人間にとって最大のアドバンテージだ

8. 広告→告広
ウソばかりの「広告」は、いいものだけが広がる「告広」に変わる
■「告広」とは強烈な思いを伝える活動
■情報を広げるには“怨念”クラスの思いが必要
■広告は廃れ、ドキュメンタリーが見直される

9. 知識→知性
知識の量を誇る時代から、情報の真偽を見極める知性の時代へ。
■年代というレッテルを貼るのはやめる
■人の知性を軽視する人は、知性に反逆される
■あなたは違うことは違うと言える人ですか?

10. お金→信用
お金よりも信用が重視されるようになる。
■信用さえあればお金はいらない
■情報があればモノだっていらない
■情報は経済の概念を変える
■お金のために働く時代は終わり、物々交換の世の中になる
■仮想通貨の誕生で人はもうお金のために働かなくなる

11. 消費→体験
モノを使い捨てる時代から、コトを体験する時代へ。
■大量生産、大量消費に代わる経済モデルとは?
■メルカリが流行する本当の意味
■「大量消費」は「適量体験」になる

12. デジタル→アナログ
デジタル化が進むほどにアナログに価値が生まれる
■デジタルはまだアナログに追いついていない
■「VR」から「AR」、そして時代は「RR」へ
■映画「スターウォーズ」のような社会が到来する

13.フレーム→ヴォルテックス
「フレーム」から「ヴォルテックス」へ。
■人の「〇〇したい」を叶える組織
■宇宙を渦を巻いて動いているという事実
■天動説から地動説、そして旋動説へ
■すべてのものが刻々と形を変える社会
■フレームがなくなればいいモノを自由に作れるようになる
■コンテンツはフィールドになり、フレームはヴォルテックスになる

『13の未来地図 フレームなき時代の羅針盤』ぴあ

47384166_2001811326565826_8194898798787428352_n.jpg



本書の中の2に、AIの限界「フレーム問題」から逆算する、という言葉がある(以下本書より抜粋)。

フレームを直訳すると「枠」の意味だが、次の3つに要約される。
1. 人工知能は与えられた問題しか解けない。
2. 人工知能は問題を創り出せない。
3. 人工知能は問題から外に出られない。
つまり、フレーム(枠)を超えた視点で問題を俯瞰することができない、ということ。

これの「人工知能」を「ダメ社員」に置き換えると…
1. ダメ社員は与えられた問題しか解けない。
2. ダメ社員は問題を創り出せない。
3. ダメ社員は問題から外に出られない。

となり、これから必要となるAI時代の人材像が浮かび上がってくる。

これからの時代を生き抜くためには、今まで連綿として続いてきた勉強の方法や、必要とされる知識や情報を根本から変えていかなければならない。
歴史上最大級のこの大きな変化を乗り切りたい
posted by Dr.モーリィー at 06:54| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月10日

No 4904   【「決して満足できない」症候群】

IMG_2723.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【「決して満足できない」症候群】

バーバラ・バーガー氏の心に響く言葉より…



あなたは、私の言う「決して満足できない」症候群にかかっていないでしょうか。
常に「今ある以上のもの」を欲しがったり、それを持っていないことで自分を責めたりしてはいないでしょうか。
前に持っていたもののほうが確かによかったとか、自分が手にしているものは近所の人や親友が持っているものほどよくない…とか。

健康状態も経済状態も、以前のほうがよかったとか。
自分の服もソファもテレビも気に入らない、家賃が昔に比べて高いのは納得できない、日用品の値段も上がるいっぽうで生活が大変だ…そんなふうに感じていないでしょうか。
あるいは「若かった頃は人生はもっとワクワクするものだった」なんて感じているかもしれませんね。
その他にも、
「大学を出て、いい仕事についていれば」
「結婚して家庭を持っていれば」
「頼りにできる恋人ができていれば」
人生はもっと満足のいくものになるのに、そしてすべてが今よりよくなり、もっと安心して生きられるのに…と。

もし、こうした感情に心あたりがあるなら、あなたは「決して満足できない」症候群にかかっています。
あなたが幸せでないのも当然です!
こうした感情が渦まいているとき、心の中は「戦場」です!
心の中で起きているのは、「現実」との絶えざる戦いです。
ストレスを感じ、不幸なのも無理はありません。

「自分が持っていないもの」について嘆き、自分と他人、自分の過去と現実と現在を絶えず比較していることにどんなメリットがあるのか、今こそ自分に問い直すときかもしれません。
「ないものねだり」が、今ここにいるあなたの人生の質をどれほど高めてくれているでしょうか?
現実には、家賃や生活費は上がり続けています。
健康状態は以前ほどよくないし、テレビは最新モデルではなく、ソファも擦(す)り切れています。
現実には、妻も子も完璧な家族もいないのです。
まずは、その「事実」に正面から向き合うことです。

あなたが「自分は大丈夫」とも「幸せだ」とも思えないのは、「自分の人生とは、こうあるべき」と自分に言い聞かせているストーリーに原因があります。
私たちが自分や他の人に語っているストーリーはすべて、個々人のまったく勝手な基準とルールに基づいているのです。
例えば…
■大学を卒業して素晴らしい仕事についたら、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■自分の専門分野で傑出すれば、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■大金を稼ぎさえすれば、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■かっこよくなってセンスのいい服をいっぱい持てたら、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■立派な仕事についている男性と結婚して、すてきな家を持ち、子どもが二人できたら、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■自分が立派な部長であることを示し、昇進したら、人生はうまくいく(そして幸せになる)。
■身体がもっということをきくようになったら、人生はうまくいく(そして幸せになる)。

つまり、「こうあるべき」というストーリーが現実になれば、人生はすべてうまくいくし、幸せになれるというのです。
でも、本当にそうでしょうか。

「状況」とは、「今、まさにそこにあること」です。
この状況があなたを幸せにするか、不幸にするか、それを決定するのは、それぞれの状況に対するあなたの反応なのです。
言い換えれば、これらの状況や出来事の「意味」について、自分にどんなストーリーを言い聞かせるかで、幸・不幸が決まるのです。

出来事そのものは、「ただ、起こったこと」です。
そして、「外側の出来事」に対する私たちの反応が、いつでも「内側の出来事」となるのです。
あなたは「外側の出来事」に自分がどう反応するかについて、意識したことがあるでしょうか。
「外側の出来事」に自分がどんな意味づけをし、どんなストーリーを言い聞かせているか、その意味づけやストーリーを検証したことがありますか?

何かが起こったとき、私たちがそれを「いいことだ」と思えば、「幸せ」と感じます。
「悪いことだ」と思えば不幸と感じます。
それほど単純なことなのです。
こうした視点で世の中を眺めると、出来事はただ起こり、それに対してその後に私たちが反応しているのだと気づきます。
何かの出来事が起こると、私たちは自分自身の善悪についてのストーリーや「現実はいかにあるべきか」という考えに基づいて、その出来事を判断し、反応しているのです。
そういうメカニズムになっているのです。

『何があっても「うまくいく人」10の方法: あと少しだけ、賢く「自分本位」に生きてみる。 (単行本)』三笠書房

47579028_1999047493508876_2334097073613307904_n.jpg



何か状況が変わったらすべては解決し、うまくいくと思っている人は、「幸せ」を感じることはない。
「幸せ」だといつも思っている人は、今のある状況の中から「幸せ」を探すことができる人だ。
だから、いつも「感謝」の心や、「おかげさま」の気持ちで満ちあふれている。

もっとお金があったら、もっといい車に乗れたら、もっといいパートナーに恵まれたら、と思っている限り、「幸せ」はどんどん逃げていく。
なぜなら、「幸せ」という状況や状態があるわけではなく、「幸せ」を感じる自分がいるだけだからだ。
お金や車がなくても幸せな人はいくらでもいるし、病気であっても、幸せを感じることができる人はいる。

出来事はただ起こっているだけで、そこに善悪も、幸不幸もない。
どんなときも、幸せを見つけ出せる人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 07:17| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月09日

No  4903  睡眠時無呼吸症候群(SAS)   睡眠障害  交通事故  スポーツ・まらそん  インフルエンザ


IMG_2667.jpg

IMG_2666.jpg

IMG_2669.jpg

11月に東京で受けた 最新歯科情報セミナーから

最近も睡眠時無呼吸症候群による事故が 新聞紙面やTVニュースで取り上げられておりますが

今回の報告を受けて おいちゃん ゾッとしました

7時間中20回以上無呼吸になる人の9年生存率が 62%

合併症に関しては

高血圧 2倍   不整脈 4倍   

慢性心不全 2倍   心房細動 2〜3倍

糖尿病 2〜3倍   脳卒中 4倍

他にも 認知機能障害や気分障害を起こしやすいと、、、



鼻呼吸ができないと かぜ・インフルエンザなどの感染症にかかりやすい
おいちゃんも身をもって体感しております

健康のために ジョギング・マラソンしているのに
口呼吸のために すぐ体調を壊してしまうのです ははは




おいちゃんが以前南日本新聞に書いた 原稿から

睡眠時無呼吸症候群 〜マウスピース改善に有効〜
「睡眠時無呼吸症候群(sleep apnea syndrome=SAS)」をご存じですか。 以前、新幹線の運転士やバスの運転手など、人の命を預かる職業に就いている方の中にも、この病気が隠れていることが話題となりました。

あなたは「いびき」をかきますか。「いびき」は騒音のトラブルだけではなく、もっと深刻な問題を抱えていることがわかってきました。

いびきをかいていると熟睡しているように思われがちですが、実は全く正反対で、眠りが浅く十分な睡眠が取れていないことが多く、そのため疲れが取れなかったり、日中に居眠りしやすかったりして、集中力や記憶力が低下する、イライラするなどの弊害をもたらします。

また、呼吸障害によって、酸素不足になり、循環器系や、呼吸器系に悪影響を及ぼして、高血圧や心臓病、脳梗塞などにかかりやすくなります。

いびきにもいくつか種類がありますが、その中に睡眠中に知らないうちに何回も呼吸が止まり、息が止まるたびに反復して大きないびきをかくタイプがあります。それが睡眠時無呼吸症候群といわれるものです。

睡眠時無呼吸症候群とは、睡眠時に10秒以上の無呼吸発作を1時間に5回以上、あるいは7時間に30回の発作回数を示した場合をいいます。症状としては@ 夜中に何度も目が覚めるA 昼間に猛烈に眠たくなるB 注意力が散漫になるC 夜中に何度もトイレに立つD 起きた時に頭痛がするE イライラする―などがあります。

症例によっては、マウスピースの装着も改善に有効とされています。歯科医院では、医科専門医の診断書・紹介状があれば、保険診療で作製しています。お気軽にご相談ください。

                           (鹿児島県歯科医師会情報・対外PR委員 毛利英樹)



追加情報 OMRON ホームページからhttps://www.healthcare.omron.co.jp/resource/column/life/165.html

vol.165 実は危険な口呼吸

鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3つの役割を持つ
くちびるがカサカサになる原因の一つが、口呼吸にあるといわれています。その理由は乾燥です。
鼻水は1日に約1ℓも分泌されています。そのうち約7割は、鼻を通る空気を加湿するのに利用されます。鼻水が取り込んだ空気に湿り気を与えることで、体内に入る空気の湿度は90%以上に高められます。しかし口呼吸では、これほど湿度を上げることができません。鼻呼吸の場合より口呼吸のほうが口腔内を乾燥させてしまい、その影響でくちびるもカサカサになってしまうという専門家もいます。くちびるが荒れて気になる人は、口呼吸になってしまっていないかを、確認してみましょう。
もちろん、ほかの原因でくちびるが乾燥してしまうこともあります。リップクリームの塗り過ぎが原因とする専門家もいます。また、リップクリームを横に塗ることで、かえってくちびるの状態を悪化させていると指摘する人もいます。これらの場合、リップクリームを塗るのは1日数回までに抑え、塗るときは縦に動かせば、くちびるのシワにクリームを塗布できるため、トラブルを解消できるケースが多いといいます。

鼻は、空気をきれいにする働きも持っています。
まず、ホコリなどが体内に侵入するのを防ぐのが鼻毛です。そして鼻粘膜に生えている微細な線毛と粘液層が、細菌やウイルスなどを捕獲します。つまり、鼻から入った空気はこれら異物の多くが除去され、いわば空気清浄器から放出された空気のような状態になっているのです。
また、粘液には抗体があるため、細菌やウイルスが粘膜の細胞に付着したり侵入するのを防ぎます。風邪やインフルエンザは、病原体が細胞内や粘膜で増殖することで発症しますので、鼻から入った空気は、口から入る空気より、感染症にかかるリスクが少なくなるのです。

また、鼻から呼吸することで、空気が温められます。その温度は35〜37度にもなります。口呼吸ではここまで温められることがなく、冷たいまま肺に届けられてしまいます。すると、肺の免疫力が低下するリスクにつながったり、肺にかかる負担が大きくなってしまいます。
このように、鼻は加湿器、空気清浄器、エアコンの3台を合わせた機能を持っています。だから、健康のためには鼻呼吸が重要なのです。

口呼吸には感染症の危険も
口呼吸では、鼻呼吸ほど異物を取り除けないほか、温度や湿度も高められません。喉の奥にはリンパ組織があり、通常であれば免疫がはたらくのですが、鼻で排除されるべき異物まで喉に入ってくると、除去しきれなくなってしまう場合があります。すると気道が細菌やウイルスに感染する危険性が高まり、風邪やインフルエンザにかかりやすくなってしまいます。
また、てのひらや足の裏にアトピーのような湿疹ができるのも、口呼吸が原因の一つだという専門家がいます。口呼吸で扁桃が炎症を起こしやすくなるため、免疫が低下するからというのです。さらには口呼吸の場合、歯肉炎などを起こしたり、虫歯になりやすくなるといったことも指摘されています。これは口の中の乾燥が影響するからです。
ほかにも花粉症や喘息などさまざまな病気を、鼻呼吸に戻すことで治そうという試みも行われています。

鼻がつまっていないのに口呼吸になっている場合は、鼻呼吸に戻すように意識すればいいのですが、鼻がつまってしまっている場合はどうしたらいいのでしょうか。
慢性的に鼻がつまっているのでなければ、鼻を温めることで解消できることもあります。お風呂の温度より少し高いぐらいのお湯にタオルを浸し、絞ってから鼻に当ててみましょう。
また、脇の下を刺激するという方法もあります。鼻がつまるのは、鼻の中の粘膜が炎症を起こしてうっ血している場合が多く、交感神経を刺激して血管を収縮させ、うっ血を解消するというものです。握りこぶしを反対側の脇の下に挟む、500mlのペットボトルを挟む、などいくつかの方法がありますが、どちらの場合もつまっている鼻と反対側の脇の下に挟むことがポイントです。交感神経は、右の鼻は左の脇の下、左の鼻は右の脇の下、というようにクロスしてつながっているためです。
ただ、脇の下には太い血管が通っています。脇の下に握りこぶしやペットボトルをはさむ場合には、血流をあまり遮断しないよう、10〜20秒程度にとどめるほうがいいという専門家もいますので、心得ておきましょう。
横向きで寝ているときに、上側になっている鼻のつまりが解消されることがあります。これも、右肩を下にして寝ていると、右脇の下が刺激され、左の鼻のつまりが解消されるからだといわれています。

しかし、慢性的に鼻づまりを起こしている場合は、ポリープのようなものができていたり、副鼻腔炎などほかの病気が原因であることも考えられます。その場合には根本を治療する必要がありますので、専門医を受診しましょう。

子どもの口呼吸のリスク
子どものころから口呼吸が当たり前になってしまっていると、さまざまな心配ごとが出てきます。
起きているときに口呼吸が癖になっていると、睡眠中にも口呼吸をしがちになります。空気が乾燥する冬の時期には、睡眠中の口呼吸によって咽頭内が乾燥し、朝起きてからのどの痛みを訴える子どもが増え、病院を受診することが多いといいます。こういった症状の場合は、普段の呼吸を鼻呼吸に戻すだけで、再び通院する必要のないケースもあるようです。普段行っている呼吸が、口呼吸と鼻呼吸のどちらがいいか、明らかでしょう。

口呼吸の場合、歯列や咬合が正常でなくなることがあります。口呼吸で口を開けている時間が長くなるために、口輪筋による前歯の舌側への作用が弱くなり、歯がくちびる側へ傾斜するようになります。これは乳歯だけでなく、永久歯でも起こります※1。
また、口呼吸をしていると咀嚼機能が低下します。そのため嚥下障害や消化障害も引き起こしかねません。また、咀嚼しているときにくちびるが開いているため、音を立てて食事をするというマナー上の問題もあります※2。給食中にクチャクチャ音を立てて食べていると、同級生からの視線がどんなものか、親でなくても心配になってしまいます。

口呼吸が当たり前になってしまうと、常にくちびるが開き気味になってしまいます。すると、周囲の人から集中力が欠けているように見られたり、やる気がなさそうな印象を持たれてしまうという危険性もあります。
子どものころから口呼吸が習慣化してしまうと、必要性のない病院通いをしなければならない場合があります。また、学校生活にも悪影響を与えます。さまざまな弊害から子どもを守るため、いち早く鼻呼吸の習慣を取り戻させてあげましょう。

posted by Dr.モーリィー at 23:12| クリニック情報 | 更新情報をチェックする

No 4902   【こころの庭を手入れする】

IMG_2722.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【こころの庭を手入れする】

稲盛和夫氏の心に響く言葉より…



人生は、照る日もあれば曇る日もあります。
幸運がめぐっているときはもちろんのこと、災難に遭ったときにも、修行だと思い、自分が生かされていることに「ありがとう」と感謝することが、こころを清らかにし、運命をよい方向へ導きます。
私はこれまでずっと、そう自分に言い聞かせてきました。

私がまだ四つか五つのころ、父に連れられていった「隠れ念仏」でお寺のお坊さんが、ことあるごとに「なんまん、なんまん、ありがとう」と唱えなさいと言ったのも、そいう戒(いまし)めを含んでいたのでしょう。
「隠れ念仏」とは、江戸時代、薩摩藩に弾圧された一向(いっこう)宗の信者が、ひそかに守り続けた慣習です。
私の幼いころは、まだその風習の名残があったのでしょう。

しかし、そうはいっても、現実には人のこころは弱いものです。
いつもいつも感謝の気持ちを持ち続けることは、容易なことではありません。
困難や災いにぶつかれば、不平や恨み言を言いたくなって当然です。
かといって、物事が順調に進んでいるときなら自然と感謝の思いを抱くとも言い切れません。

調子がいいときは、それが当たり前のことに思えて、もっと大きな幸運、もっと強い満足というように欲望が膨れ上がってしまい、「ありがとう」の言葉など吹き消してしまいがちなのです。
このように人間はおろかなものだからこそ、まずは、何があっても感謝することを忘れないように自分の理性によく働きかけて、いつでも「ありがとう」と言えるように、こころの準備をしておくことが大事ではないでしょうか。

そして、たとえ逆境に立たされても、あるいは強欲な思いが頭をもたげても、悪い雑草を取り除くように、これだけで十分ありがたいと、「足るを知る」気持ちを持つように、普段からこころの庭を手入れすることが大切だと思います。
人間として正しいことをやっていれば、自ずと道は開かれるという信念の下に、私は自分自身の人生も企業経営も進めてきました。
そしてそれが成功したといえるなら、それは私や会社を支えてくれた家族、従業員、友人、知人、すべての人たちのおかげだと、今、こころの底から感謝しています。
そして、残る人生も変わらず、あらゆるものに対して、「ありがとう、ほんとうにありがとう」と、こころから素直に言えるような生き方をしていきたいと思っています。

『ありがとうおかげさま―いのちとは何か生きるとは何か』海竜社

47298306_1997986926948266_5557173435999715328_n.jpg


稲盛和夫氏は、本書のなかでこう語る。
『豊かなはずの現代社会がすさんでいるのは、みんながこころの手入れをしないので、雑草が生え放題、こころが荒れ放題になっているからでしょう。
その大本(おおもと)をたどれば、戦後ずっと、おとなたちがこころの管理を重視せず、こどもたちにも教えずにきたというところに行き着きます』

どんなに勉強ができて有名な学校を出ていようが、優秀で才能があろうが、心の庭の手入れができていなければ、人は傲慢になったり、思いやりがなかったり、不機嫌だったりと、人としての品格や人格に欠ける人間になってしまう。
心の庭に生える雑草を摘み、きれいに整えるには、「ありがとう」と「おかげさま」を言い続けること。

「ありがとう」はしあわせを運ぶ魔法の言葉。
そして…
「いいことはおかげさま  わるいことは身から出たさび」(相田みつを)

どんなときも、こころの庭の手入れを怠らない人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 23:10| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月08日

No 4901   【とんでもない意見が会社を救う】

IMG_2721.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【とんでもない意見が会社を救う】

萩本欽一氏の心に響く言葉より…


僕はね、会議っていうのだけはダメ。
会議はしないの。
つまり、そこにみんなの意見を採り入れても成功しない。
僕は大きな仕事って、ひとりのとんでもない意見で成り立つと思っているんです。

だから、番組をつくる時もほとんど会議は開いてないですね。
会議をするから、時間がかかる。
あれもいい、これもいいって、あれこれ採り入れる。

いろんないい意見が出てくると、それをつなげるんですよ。
それで、できあがると最悪。
みんなの意見を平等に聞くっていう民主主義では、大成功はないんです。

まず、ひとりがきちんと意見を言う。
意見を言ったんだから、責任を持つ。
失敗しても、意見を言わなかった人は責任をとることはない。
社長がバーンと言ったら、社長が責任をとるんだよね。
社員が責任をとることはない。
僕がやった番組はそうでしたから。
全部、僕が責任をとった。
そうすると、ものすごく仕事が早いのと、切り替えが早い。

失敗しても、「僕が失敗した」って、すぐ言うしさ。
で、その言葉を聞くと、ディレクターが「しめた!」って顔をして、「だったら、こう変えたらどうかな」って、すぐ意見を言ってくる。
「わかった。そうしよう」って、僕もすぐ答えるしね。
だから、仕事が早いんですよ。
会議がないからさ。

僕は番組をはじめるときは、いつも言ってるの。
「みんなで相談というのはやめてくれ」って。
だから、僕の番組で相談というのはしないの。

全部自分が責任を持つために、「僕がこうする」って、はっきりと言う。
で、失敗した時は、「僕がまずかった」って、きちっと言う。
その時に、次のやつが、「だったら、こうしよう」って、責任持って言ったほうがが早いし、うまくいくんだよね。

大きい会社って、失敗したら、すぐに「どうしましょうか?」って、何でも会議するでしょう。
だから一度赤字が出ると、どんどん赤字が大きくなってくるんじゃないの。
僕の場合は、番組の作家が、「ここは僕に任せてください」って、名乗り出ると、「よし、任せた!」って、そこをポンと預ける。

僕の番組って、必ずコーナーが4つあったんです。
だから、ひとつコケても次々に変えていけるし、そのなかの1本が成功すれば、番組は成功するんです。
だから、最初に番組をはじめた時は、全部自分から発してますよ。
でも、僕の言ったことで残っているのは、最終的には2割程度ですよ。

あとは全部、ディレクターや作家やプロデューサーの趣味でころころ変えられてますよ。
でも、「僕がこう言ったのに、なぜそうしないのか!」なんて、言ったことはない。
「ここは違うだろう!」って、ディレクターと衝突したこともないですね。

そういう根性のないところも、よかったのかもしれないね。
だから、会議をしなくても、みんなの才能が生きた。
そういう意味では、自分の番組をつくっていた時の僕は、社員のいい生かし方をした社長だったと思うよ。
それで、みんながいい仕事をしてくれたんじゃないかな。

『人生にはチャンスが三度ある―成功する人の演出力』ビジネス社

47421783_1996569590423333_3493257907275825152_n.jpg


「理想的な組織とは会議のない組織である」
と言ったのは、経営学の巨人といわれたドラッカー。
人は会議をしながら仕事をすることはできない。
だから、年中会議ばかりしている会社は仕事をしていない会社である、と。

長く会議をすればするほど、尖(とが)った意見は採用されず、無難な意見だけが残る。
悪しき平等主義であり、悪しき民主主義、つまりポピュリズムだ。

「みんなで相談する」と言って、いい意見が出たためしがない。
ユニークな意見、尖った考えは、たった一人から生まれるからだ。

とんでもない意見が会社を救う
posted by Dr.モーリィー at 22:39| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4900   ブログ更新情報! 4900回達成!

IMG_2777.jpg

F7463C8E-0240-493C-B52B-E7585B59E0CA-thumbnail2.jpg



今回で 通算4900回更新  達成!

おいちゃんのお気に入りブログ 「人のこころに灯をともす」からの転載や
クリニック情報、イベント情報、研修会報告、食レポ?  などなど

IMG_2763.jpg

IMG_2745.jpg

IMG_1786.JPG

ひとつは ボケ防止のために  ははは

今後も ゆーーっくりとのんびりと
お付き合いくださいませ!

  皆様に 感謝・大感謝です!

IMG_2783.jpg

IMG_2711.JPG
posted by Dr.モーリィー at 22:37| ライフワーク | 更新情報をチェックする

2018年12月07日

No 4899   【たくさんの縁と運に生かされる】

IMG_2720.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【たくさんの縁と運に生かされる】

野村克也氏の心に響く言葉より…



人はけっして一人では生きていけない。
私はミ―ティングで選手たちにそう言い続けながら、その深い意味を自分で自分に問い続けてきた。
人は人によって生かされていると気づいたとき、人のために何かができる人間になる。
人のために何かができる人間になったとき、人は人の気持ちがわかるようになる。
人の気持ちがわかるようになったとき、私たちは人との縁や運を知る。

運命は変えられるか?
運は自分で切り開けるものなのか?
私の答えはYESである。

「心が変われば行動が変わる。
行動が変われば習慣が変わる。
習慣が変われば人格が変わる。
人格が変われば運命が変わる」

私の好きな言葉である。
これは「正しいプロセスを経て努力すれば、かならず幸運に恵まれるときがくる」という私の考えを言い尽くしてくれている。
とても有名な言葉である。
この言葉に多くの人たちが感銘を受け、そう信じているのは、そこに真実があるからであろう。

私はこれからも命あるかぎり、正しいプロセスとは何かを自らに問いながら生きていきたい。
それが、たくさんの縁と運に生かされてきた人間の務めだと思っている。

『運 「ツキ」と「流れ」を呼び込む技術』竹書房

46866236_1989249574488668_5761626420593819648_n.jpg



自分の利益や欲のためだけに生きている人は、「おかげさま」という気持ちがわからない。
我々は誰かに支えられて生きていると思う人には、「感謝」の心がある。
「おかげさま」の気持ちを忘れたとき、人は傲慢になる。

誰の助けも借りずに生きていける人は、この世には存在しない。
だからこそ…
「いいことはおかげさま わるいことは身から出たさび」
という、相田みつをさんの言葉をかみしめたい。

心が変われば行動が変わり、そして運命まで変わるという。
たくさんの縁と運を大事にする人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 22:07| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

No 4898   【来た船に乗ってしまう】

IMG_2719.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【来た船に乗ってしまう】

明治大学教授、齋藤孝氏の心に響く言葉より…


私はチャンスの女神は前髪しかない、という絵を見たことがあります。
たしかに前髪しかなくて、後頭部は見事にはげていました。
チャンスの女神の後ろがはげている絵があまりに強烈で忘れられなくて、何かあるたびに、あの絵がまざまざとまぶたに浮かんできます。

私はひょんなことから朝の報道番組を毎日帯で担当するオファーを引き受けました。
私のように朝起きるのが苦手な上、ただでさえ忙しい人間にとって、朝の番組は絶対に引き受けてはならないものでした。
それにこれ以上仕事を増やさなくても、うまく回っているのですから、番組のオファーを断ってもまったくかまわなかったのです。
でもその時浮かんだのが、後頭部がはげた女神の絵でした。

オファーにはタイミングがあって、その時しかできない経験があります。
私は小学校の頃から、日本を明るく前向きにしたいと漠然と思ってきたので、番組を通してそれが表現できる機会が与えられたのなら、チャンスを生かそうと思いました。
別に成功も失敗もありません。
チャンスがあればやってみる。
そうすれば経験知が新たに加わります。

経験は余裕につながります。
ですからチャンスがあった時は、好き嫌いとか、得手不得手で判断せず、とにかくやってみるのがいいと思います。

結婚も同じです。
自分を好きだと言ってくれる人がいれば、それはひとつの機会です。
この人と結婚してうまくいくのかとか、親はどんな人たちなんだろうなど、いろいろ深く考えてしまうと二の足を踏んでしまい、婚期を逸してしまうこともあります。
あまり深く考えずに、機会としてとらえていく身軽さがあると、いいのではないでしょうか。

要するに、深く考えてすぎて結局行動しないよりは、来た船に乗ってしまうほうがいいのです。
受験生が第一志望の大学に行きたいと思っていたのに、第二志望の大学に来てしまったとします。
その時感じる挫折やコンプレックスなどいろいろあることでしょう。
でも入学した大学という船に乗ったのですから、その場所で活躍しようと思えばいいわけです。

何事にも「その時来た船」があります。
「好き」という感情から出発しないで、結婚相手を年収や学歴、身長、健康状態などさまざまな条件をあてはめて選ぶのであれば、かえって選択ができにくくなってしまいます。
そうではなくて、もっとトータルに「縁」というものをきっかけにして気軽にとらえていくのが「運」がいい人になるコツなのではないでしょうか。

『運の教科書: 「うまくいく人」はこう考える (単行本)』筑摩書房

47231403_1994762737270685_6904889922436464640_n.jpg



小林正観さんは、人からの「頼まれごと」を気持ちよく引き受け続けていくと、そこに人生における自分の役割が見えてくる、という。
「頼まれごと」とは、齋藤孝氏のいう「その時来た船」だ。
逆に言うなら、人からの「頼まれごと」をなんだかんだ文句を言って引き受けなかったり、嫌々渋々引き受けるような人にはだんだんと「頼まれごと」はやってこなくなる。
つまり、「その時来た船」と言うチャンスがやってこなくなる。

『思考の向きが前向きでポジティブだと、失敗してもすぐ次にチャレンジするので、チャンスが多くなります。
一方ネガティブな人はチャレンジするのに消極的ですからチャンスが少なくなるので、いよいよ落ち込んでいくというサイクルになります』(齋藤孝)

失敗の数をかぞえるのではなく、チャレンジの数をかぞえた方がいい。
それが「頼まれごと」。

あまり深く考えず、来た船に乗ってしまう人はチャンスが多い。
多くチャレンジをし続ける人でありたい
posted by Dr.モーリィー at 21:53| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする

2018年12月05日

No 4897   プチ同窓会

先日 中学校の同級生が 久しぶりに鹿児島に帰ってくるとのことで
恩師をはじめ 有志数名で ぷち同窓会でしたIMG_2711.JPG

昔ばなしに華が咲きまくりました

友人が持ってきた データをいただきました

おいちゃん 中学3年生です
もーーりーーをさがせ   ははは

IMG_2710.JPG

posted by Dr.モーリィー at 06:52| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする