2018年06月02日

No 4638   【新しい価値観を持つ】

IMG_0323.JPG

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【新しい価値観を持つ】

ジェフ・ケラー氏の心に響く言葉より…



現代社会には悪しき風潮が蔓延している。
私たちはそれを認識し、自分が少しでもあてはまるなら謙虚に反省して、それにかわる3つの新しい価値観を確立しなければならない。

1. 言い訳や責任転嫁ではなく自己責任
間違った選択をしたら、その結果は自分で責任をとろう。
言い訳をしたり人のせいにしたりしているかぎり、決して成功しないし、幸せにもなれない。
私たちは自分の人生の主導権を握っている。
自己責任を受け入れるとポジティブな変化を起こすことができる。
それに対し人のせいにしているかぎり、進歩せずに現状にとどまる。

2. 対決の姿勢ではなく寛容な精神
人と意見が合わなくても、うまくやっていくことができる。
ところが多くの場合、意見が分かれると口論になりやすい。
私たちは自分と異なる意見に対して寛容な精神で接するべきだ。
多くの場合、真理は双方の意見の中間にあることを覚えておこう。

3. ネガティブな意識でなくポジティブな意識
メディアの情報の何割がポジティブだろうか?
せいぜい1割くらいだろう。
だが、それはメディアのせいではない。
人びとがネガティブな情報を求めるのをやめれば、メディアはそれを提供するのをやめる。
メディアのネガティブな報道に関係なく、私たちはポジティブなニュースキャスターになる必要がある。
自分が持っていないものについて不平を言うのではなく、自分が持っているものに感謝しよう。
他の人の欠点を批判するのではなく、その人の長所を称賛しよう。

以上の3つの新しい価値観を確立すれば、仕事と人生で成功をおさめ、有意義な人生を送るための基礎が出来上がる。

『あなたを成功に導く方法を伝授しよう』ディスカヴァー

IMG_1578.jpg



テレビの記者会見等をみていても、潔く自分の非や責任を認め役職を去る人もいるが、そうでない人も多い。
自分をかばって、人のせいにする、往生際の悪い人だ。
「出処進退」という言葉があるが、中でも、辞めて職を辞するという、身の処し方が一番難しい。
たいていは、自らが辞めると言わない限り、いつまでもその席に居座り続けることになってしまう。
辞めるには、自ら己を滅するという無私の心と、それを肚に落とし込む覚悟が必要だ。

寛容な精神は、多くは言葉の使いかたで決まる。
相手を思いやる言葉、愛のある言葉、感謝の言葉、等々を多用することだ。

ポジティブな心がまえとは、「よいところを見る習慣を身につける」ということに尽きる。
事実は一つでも、それを見る人によって考え方は180度変わってしまう。
無いことを嘆くのではなく、あるものに感謝するという姿勢。

新しい価値観を持ちたい
posted by Dr.モーリィー at 06:38| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする