2018年05月15日

No 4618    【成長とは 、物事の見方・とらえ方が進歩すること】

IMG_0257.jpg

おいちゃんのお気に入りブログ【人のこころに灯をともす】からの転載です

【成長とは 、物事の見方・とらえ方が進歩すること】

小林正観さんの心に響く言葉より…


一般的に辛い、悲しいと思われる出来事も、見方を変えれば優しさを取り戻すための病気であり、謙虚さを取り戻すための事故だった、ということにもなります。
ですが、今、何事も起きていない段階で、優しさや謙虚さを取り戻した人は、病気や事故の必要がなくなるようです。

物事のとらえ方には五段階があります。
目の前の現象に対して、不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句(これを私は「五戒」といいます)を言わなくなる。
これが第一段階。
このときにはまだ、我慢をしている、という概念が入っていますが、五戒を言う必要がなくなってくると、第二段階。
このゼロの状態に「嬉しいよね」と喜びが上乗せされるようになると第三段階。
「幸せだよね」と思うようになると第四段階です。
そして、同じ現象に対して「本当にありがたい」と手を合わせるようになるのが、第五段階です。

私がつかんだ宇宙法則の一つに「輪廻転生(りんねてんしょう)、生まれ変わりが存在する」というものがあります。
魂は、魂だけのときに、成長することはできません。
肉体を有しているときだけ、肉体上の体験を通して、成長・進化することができます。


生まれ変わる目的は、いかに自分が成長するか。
そして成長とは、自分の物事の見方・とらえ方が進歩すること。
そのために私たちは生まれ変わるのです。

『「人生を楽しむ」ための30法則』講談社

31945811_1713226682090960_8321283047605403648_n.jpg



我々はこの地球上で肉体を持ったときのみ、進歩・成長することができるという。
肉体がない魂のときにはできない。

天国では、いつも鳥がさえずり、花が咲き乱れ、何の憂いも心配もないところだという。
しかし、この地球においては、我々人間は、事故や病気、仕事のトラブル等々、思い通りにいかないことが多い。

仏様はそれを「四苦八苦(しくはっく)」と言っている。
生・老・病・死の四苦、それに愛別離苦・怨憎会苦(おんぞうえく)・求不得苦(ぐふとくく)・五陰盛苦(ごおんじょうく)を加えた八苦。
これらの四苦八苦を乗り越えることにより、我々は成長できる。
それらの苦しみが、我々の磨き砂となってくれるからだ。

嫌なことや苦しいことがあったとき、 不平・不満、愚痴、泣き言、悪口、文句を言わないか。
もし、それができていなかったら、できるまで何回もそれらはやってくるという。
なぜなら、神は(というより本当は自分だが)成長の機会を与えて下さっているのだから。

「あの苦しいことがあったおかげで、今の私がある。感謝しかないなぁ…」というなら、魂はかなり成長している。
成長とは 、物事の見方・とらえ方が進歩すること
posted by Dr.モーリィー at 07:07| ちょっと気になる善い言葉 | 更新情報をチェックする